ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 植物はなぜ自家受精をするのか

  • 植物はなぜ自家受精をするのか

植物はなぜ自家受精をするのか

  • 土松隆志/著 土松 隆志
    1983年生まれ。2010年東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程修了。博士(学術)。チューリッヒ大学博士研究員、グレゴール・メンデル研究所博士研究員、東京大学大学院総合文化研究科助教を経て、千葉大学大学院理学研究院生物学研究部門准教授。専門は進化生物学、集団ゲノミクス

    斎藤 成也
    国立遺伝学研究所教授

    塚谷 裕一
    1964年生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、博士(理学)。現職は東京大学大学院理学系研究科教授。岡崎統合バイオサイエンスセンターおよび放送大学の客員教授も務める

    高橋 淑子
    京都大学大学院理学研究科生物科学専攻教授

  • シリーズ名
    シリーズ・遺伝子から探る生物進化 5
  • ISBN
    978-4-7664-2299-3
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自家受精は遺伝子が壊れて進化した!ある植物は自家受精ばかり行ない、また別の植物は自家受精をかたくなに拒む。このちがいは何なのか。長年の論争に遺伝子解析から挑む。
目次
第1章 自家受精の研究をはじめるまで(進化生態学の研究がしたい
植物の性表現のモデルをつくる ほか)
第2章 シロイヌナズナにおける自殖の進化(チューリッヒへ
自家不和合性とは ほか)
第3章 自殖の進化に見られる普遍性(次なるターゲット
倍数体植物のS遺伝子座解析 ほか)
第4章 シロイヌナズナ再び:自殖はいつ進化したのか(突然のメール
ウィーンへ ほか)
第5章 残された問題(解いたのは結局「歴史物語」だった
自殖シンドロームの進化 ほか)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

▼自家受精は遺伝子が壊れて進化した!

ある植物は自家受精ばかり行ない、また別の植物は自家受精をかたくなに拒む。
このちがいは何なのか。
長年の論争に遺伝子解析から挑む。

▼遺伝子から解き明かす進化の最前線を紹介するシリーズ、第5弾!

いわば、「見境のない雄」と「誰でも受け入れる雌」はどちらが進化しやすいのかという問題である。花粉の数が胚珠の数を圧倒しているかぎりは、「見境のない雄」のほうが進化しやすい。これは動物でよく研究されてきた性選択の議論にとても近いものである。より配偶子の数の多いほうの性(多くの場合は雄)が、限られた交配相手をめぐって強い配偶者競争にさらされる。性選択というと、クジャクの飾り羽やカブトムシの角を思い浮かべるかもしれないが、じつは植物の自家和合性の進化とも関係しているのだ。(第2章より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 植物はなぜ自家受精をするのか
  • 植物はなぜ自家受精をするのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中