ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本陸軍の大砲 戦場を制するさまざまな方策

  • 日本陸軍の大砲 戦場を制するさまざまな方策

日本陸軍の大砲 戦場を制するさまざまな方策

  • 高橋昇/著 高橋 昇
    昭和9年、秋田県生まれ。陸上自衛隊青森第9師団第5普通科連隊に勤務。特級射手、おもに狙撃手として任務をおこなう。在隊時にガンブームが起こり、それに刺激されて退職後に上京、当時ガンブームを起こした人々と知遇を得、会社勤めのかたわら多くの資料を集め、軍装店アルバンにも勤務。現在、兵器・軍装研究家として執筆活動をおこなう

  • シリーズ名
    光人社NF文庫 た1026
  • ISBN
    978-4-7698-3026-9
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

760 (税込:836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日露戦争、第一次大戦、太平洋戦争…通常の陸上戦闘から陣地戦まで、戦場の主役として活躍した強力な各種火砲―。旅順攻略に貢献した二十八センチ榴弾砲、山岳戦に威力を発揮した軽便な四一式/九四式山砲、要塞攻撃に期待がもたれた野戦用十センチ加農砲など、日本陸軍の屋台骨を支えた兵器を写真と図版で詳解。
目次
二十八センチ榴弾砲―旅順攻略に貢献した日本本土の対軍艦用沿岸砲
三十一年式野戦砲―日露戦争の野戦火砲の主力となった有坂/速射・山砲
シベリアの狙撃砲―歩兵が運搬できる対機関銃座用の秘密兵器
曲射/平射歩兵砲―シベリア出兵後、速射砲を改良したユニークな火器
二八式野砲/榴弾砲―クルップ社の二種の野戦砲は後に主力となって活躍する
四一/九四式山砲―山岳、悪路の戦場で多用された機敏さが特徴の山砲とは
野戦用十センチ加農砲―第一次大戦後に独仏の装備をもとに緊急配備した火砲
十五センチ重砲変遷史―野戦、陣地攻略だけでなく海岸防備にも用いる重砲
二十/二十四センチ榴弾砲―日露戦争の戦訓を取り入れた二種の巨大火砲
二十四榴の戦果―大口径火砲の戦場での迅速な運用は可能なのか〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本陸軍の大砲 戦場を制するさまざまな方策
  • 日本陸軍の大砲 戦場を制するさまざまな方策

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中