ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 故郷喪失と再生への時間 新潟県への原発避難と支援の社会学

  • 故郷喪失と再生への時間 新潟県への原発避難と支援の社会学

故郷喪失と再生への時間 新潟県への原発避難と支援の社会学

  • 松井克浩/著 松井 克浩
    1961年新潟県生まれ。宮城県女川町に育つ。1991年東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、新潟大学人文学部教授(社会学理論・地域社会学)

  • ISBN
    978-4-7989-1437-4
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 3・11から6年、今読まれるべき故郷から避難した人びとの生活と思い。
目次
広域避難の概要と本書の課題
第1部 広域避難の経過と支援の特徴(原発避難と新潟県―「支援の文化」の蓄積と継承
柏崎市の広域避難者支援と「あまやどり」の5年間
「仲間」としての広域避難者支援―柏崎市・サロン「むげん」の5年間)
第2部 広域避難者の記録(「宙づり」の持続―新潟県への強制避難
「避難の権利」を求めて―新潟県への自主避難
避難者と故郷をゆるやかにつなぐ―「福浦こども応援団」の試み
補論 広域避難調査と「個別性」の問題―福島原発事故後の新潟県の事例から)
第3部 場所と記憶―「再生」への手がかりを求めて(災害からの集落の再生と変容―新潟県山古志地域の事例
「場所」をめぐる感情とつながり―災害による喪失と再生を手がかりとして
災害からの復興と「感情」のゆくえ―原発避難の事例を手がかりに)
「復興」と「地域」の問い直し

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 故郷喪失と再生への時間 新潟県への原発避難と支援の社会学
  • 故郷喪失と再生への時間 新潟県への原発避難と支援の社会学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中