ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編

  • 特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編

特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編

  • 西川純/著 深山智美/著 西川 純
    1959年東京生まれ。筑波大学生物学類卒業、同大学院(理科教育学)修了。博士(学校教育学)。臨床教科教育学会会長。上越教育大学教職大学院教授。『学び合い』(二重括弧の学び合い)を提唱。著書、編著書多数

    深山 智美
    1965年長崎県生まれ。長崎県小学校教員。2015年より2年間、内地留学。上越教育大学大学院学校教育研究科教育実践高度化専攻、西川研究室にて『学び合い』における特別支援教育を学ぶ

  • シリーズ名
    THE教師力ハンドブックシリーズ
  • 巻の書名
    義務教育でつける「生涯幸せに生きる力」
  • ページ数
    127p
  • ISBN
    978-4-18-226128-2
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 卒業後の就職で困らない為には、学校で何を学んだらよいのでしょうか。特別支援学級の子どもが通常学級の子どもと学びつながる意味とは。子どもの将来を見据えて、今出来ることがあります。
目次
第1章 保護者・雇用者の「本音」とは?(保護者の嘆き―保護者の視点から
「事業所が求める人材」とは?―採用側(人事担当)・就労支援者の視点から
マッチングのために出来ること)
第2章 子どもの進路の仕組み―雇用の仕組みと就労支援(子どもの進路―雇用の仕組みから
就労継続支援―よい事業所を探す手がかり
就職出来ないとき―卒業後もつながりを持ち続ける学校に ほか)
第3章 義務教育で出来ること(本当にそれが必要ですか?
仲間が必要―義務教育の中で多様な友人を
どんな授業をしたらよいのか ほか)
附章 特別支援担当教師からの視点―「つながり」を親亡き後の人生を生き抜く力として

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 教員
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編
  • 特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中