ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 山のきもち 森林業が「ほっとする社会」をつくる 第2版

  • 山のきもち 森林業が「ほっとする社会」をつくる 第2版

山のきもち 森林業が「ほっとする社会」をつくる 第2版

  • 山本悟/著 山本 悟
    毎日新聞記者。1958年生まれ。1986年毎日新聞社入社。盛岡支局を振り出しに過疎化や無医村の問題などを取材。東京社会部時代は、農水省や通産省(現・経済産業省)を担当し、林野庁の国有林問題やJCOの臨界事故、原発問題などを取材。中部本社(名古屋市)の総合事業部長時代に、毎日新聞の創刊135年記念事業として、植樹キャンペーン企画を提案したのを契機に、東京本社に戻り、2006年に始めた植樹キャンペーンを担当。以来、植樹や間伐、人工林での山仕事など森林整備活動を企画、実施し紙面発信しながら、森林の重要性や林業の新たな動きなどを報道している

  • ISBN
    978-4-88694-480-1
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
鳥取県智頭町の挑戦
第1部 活発化する林業・林産業(国産材が動き出した
林業の現場も活発化
課題を考える
木材活用の動き)
第2部 木の底力と森の歴史(見直される木の力
日本人は「森の民」か
はげ山緑化の歴史
森に学んだ共助の発想)
第3部 「ほっとする社会」へ新たな価値観(緑化の原点に学ぶ
持続可能性を求めて
山村が走り出した
自然資本の考え方
ヤマと都会
都市と里山の交流
模索する新たな価値観)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
版数 第2版
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 山のきもち 森林業が「ほっとする社会」をつくる 第2版
  • 山のきもち 森林業が「ほっとする社会」をつくる 第2版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中