ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 自閉症の哲学 構想力と自閉症からみた「私」の成立

  • 自閉症の哲学 構想力と自閉症からみた「私」の成立

自閉症の哲学 構想力と自閉症からみた「私」の成立

  • 相川翼/著 相川 翼
    1989年生まれ。2016年、早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程修了。現在、慶應義塾高等学校社会科(公民)講師。公立小学校特別支援学級介助員。専攻は哲学(哲学的自閉症論、現代資本主義論)

  • ページ数
    244,4p
  • ISBN
    978-4-7634-0823-5
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自閉症を通じてよみがえるカント、フロイト、ラカン。特別支援教育の現場から得た知見をもとに、自閉症者・「健常」者の経験の成り立ちの違いを詳細な哲学的議論によって活写。
目次
第1章 「自閉症の哲学」とは何か―自閉症の学説史を素描しながら(カナーとアスペルガーによる自閉症の「発見」
カテゴリーからスペクトラムへ
自閉症の「原因」をめぐる学説の変遷
サイモン・バロン=コーエンの「共感」と「システム化」
ウタ・フリスによる自閉症の統一的把握
どのようにして自閉症を哲学するか)
第2章 構想力と自閉症(構想力とは何か
“直接性に依存する構想力”
“システム化する構想力”と“共感する構想力”
“定型発達的構想力”)
第3章 精神分析と自閉症(フロイトにおける一次過程と二次過程
一次過程から二次過程への移行
ラカンの鏡像段階論)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 自閉症の哲学 構想力と自閉症からみた「私」の成立
  • 自閉症の哲学 構想力と自閉症からみた「私」の成立

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中