ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アクセンチュア流 生産性を高める「働き方改革」

  • アクセンチュア流 生産性を高める「働き方改革」

アクセンチュア流 生産性を高める「働き方改革」

  • 江川昌史/著 江川 昌史
    アクセンチュア株式会社代表取締役社長。1989年慶應義塾大学商学部卒業、同年アクセンチュアに入社。製造・流通業界を中心としつつ、通信、ハイテク、素材・エネルギー、金融業界や公共サービス領域など、多岐にわたるお客様のプロジェクトを指揮。主に、戦略立案、構造改革、新規事業立ち上げ、デジタル変革、大規模アウトソーシングプロジェクトなど、さまざまな領域の案件を主導した。2000年にパートナー就任。消費財業界向け事業の日本統括を歴任し、2008年10月に執行役員(製造・流通本部統括本部長)に就任

  • ISBN
    978-4-534-05520-0
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,850 (税込:1,998

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アクセンチュアが総合コンサル企業としてのプライドをかけて断行した自社の「働き方改革」の軌跡
目次
1 現状把握から“なりたい姿”を定義する(カルチャーを変えなければ、次のステージはない!
社員のヒアリングで、次々と不満の声が… ほか)
2 改革までのロードマップと体制づくり(プロジェクトを推進する「改革のフレームワーク」
3年を目標にロードマップ策定 ほか)
3 『プロジェクト・プライド』本格始動!(全社集会でのキックオフ宣言
オリジナル映像でビジョンを印象づける ほか)
4 「制度」と「意識」の両輪で働きかける(改革のフレームワーク・第一象限 方向性提示と効果測定
改革のフレームワーク・第二象限 リーダーのコミットメント ほか)
5 働き方改革で次なる成長ステージへ(ケース・スタディ 人材活用の可能性を広げたテレワーク―充実した制度をどう活用するか? 八丈島で働く女性マネジャーのストーリーから探る
ダイバーシティ・チャレンジの成果 ほか)
解説編 『プロジェクト・プライド』の示唆

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

総合コンサルティング企業、アクセンチュアが「プロフェッショナル」としての原点に立ち戻り、自信と誇りをもてる未来を創造するために挑んだ働き方改革『プロジェクト・プライド』の軌跡。―「世の中から認められ、働きやすく、フェアな会社」へ。

●総合コンサル企業が本気で挑んだ自社の働き方改革●
世界55か国、200都市以上に拠点をもつ総合コンサルタント企業のアクセンチュア。
ところが、その日本法人は数年前まで「激務だ、不夜城だ! 」と揶揄され、「収入は高いが仕事はキツイ」の典型企業でした。
体力、気合、根性に象徴される体育会系カルチャーのもと、社員は疲弊し、長時間労働やハラスメントなど労務上の問題も常態化。
(このままではアクセンチュアはつぶれるかもしれない! 絶対に自分が変えなくては……)
強い危機感を抱いた江川社長は、2015年1月、自社の働き方改革「Project PRIDE(プロジェクト・プライド)」に乗り出します。

●社員の意識とカルチャーを変えれば、生産性や収益性も向上する! ●
改革は「お客様に対して最高のサービスを提供するには、社員1人ひとりが最大の力を発揮でき、
さらなる誇りをもてる職場環境を整備すき」という考えのもと、 労働時間や労働環境の改善だけでなく、
社員の意識とカルチャーを根本的に変えていくことから始まりました。
課題が明らかになるたびに、リーダークラスを巻き込みながら新しい仕組みや制度へと落とし込み、組織全体に波及させていきます。
全社をあげて改革に取り組んで約2年半。はたして、さまざまな成果が生まれることとなりました。

従業員満足、ハラスメントの撲滅、採用人材の多様化、女性の活躍推進、離職率の減少……
自社の価値やブランド力が高まると、生産性や収益性も飛躍的に向上。次なる成長ステージに向け、新たな取り組みも始まっています。

なぜ、アクセンチュアは変わることができたのでしょうか。
本書は、コンサルタント企業としてのプライドを取り戻すためにトップが主導して断行した働き方改革の軌跡です。
プロジェクトの全貌を通して、リーダーシップのあり方、チームマネジメント成功のノウハウを紹介します。

◎企業経営者、経営幹部、人事・マネジメント部門のビジネスパーソンなどにおすすめしたい1冊です。

ページの先頭へ

閉じる

  • アクセンチュア流 生産性を高める「働き方改革」
  • アクセンチュア流 生産性を高める「働き方改革」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中