ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて

  • いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて

ポイント倍率

いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて

  • フランシーヌ・クリストフ/著 河野万里子/訳 クリストフ,フランシーヌ(Christophe,Francine)
    1933年生まれ。フランスの作家、詩人。6歳のときに父が戦争捕虜となり、離ればなれになる。その後、母と共にナチス・ドイツに連行され、各地の強制収容所へ移送される。1945年4月、ベルゲン=ベルゼン強制収容所から列車で移送中、トレビッツにて解放。奇跡的に父と再会し、家族全員が生きのびることができた。現在は、フランス国内外でホロコースト生存者として多くの授業、講演を行っている。フランス、ヴェルサイユ近郊在住

    河野 万里子
    翻訳家。上智大学外国語学部卒業

  • シリーズ名
    海外文学コレクション 5
  • ページ数
    319p
  • ISBN
    978-4-265-86018-0
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • これほど残酷な中にあっても、気高い精神を持ち続けた少女がいた!時代を超えた、少女の珠玉の証言。
目次
フランシーヌの少女時代のヨーロッパ
はじまり
黄色い星
南へ
ポワチエ
ドランシー 一九四二年八月
ピチヴィエ
ボーヌ=ラ=ロランド―パリの南、水の都モンタルジの近く
ボーヌ=ラ=ロランド 一九四三年二月
二度めのドランシー〔ほか〕

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 小学56年生 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

6歳でホロコーストを生きのびたフランス人女性の手記。アンネと同じ収容所に移送された彼女の目に映ったものは。注目の邦訳。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

訳者あとがきで紹介されている読者からの感想に一気に読んだとあったが、少女の時の記憶をたどりながらの訥々とした語り口、歴史的背景をしらないと理解できないこともあり、時々立ち止まってしまい、一気には読めなかった。際限のない地獄絵図。空腹、チフス、汚物、シラミなど冷静に淡々と事実を語っているが、この状況下で生き延びられたのは奇跡としか言いようがない。戦争物を読んでいると思うことだが、辛すぎる体験は体全体で記憶する。それは生き延びるための防衛本能かもしれない。同じユダヤ人でも生まれおちた国、ホロコースト時にいた国、文化圏で考え方も扱われ方も違う。ナチスに連行された時点で、子ども時代が終わってしまうというのは『アウシュビッツの図書係』とも共通する。子ども時代が終わるというのは、自分で考え自分で選択して生きるとイコールのことであり、危機が迫った時に何を選択するかその積み重ねで運命が動いていく。それ以外にも、生まれ持った体質・精神の強さなどもあるが、何がどう幸いし生き延びることができたのはもう人知の及ぶところではなく、神の範囲なのだと思う。生きること、戦争、貴重なホロコーストの手記である。(はなびやさん 50代・愛知県 男の子16歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて
  • いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中