ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

  • SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

  • デボラ・ザック/著 栗木さつき/訳 ザック,デボラ(Zack,Devora)
    コーネル大学ジョンソンスクール(経営大学院)の客員教員を15年以上にわたり務め、マネジメントスキルやネットワーキングについて講義を行う。100を超える企業、団体にリーダーシップ、チームマネジメント等の指導を行う。オンリー・コネクト・コンサルティング社CEO

    栗木 さつき
    翻訳家。慶應義塾大学経済学部卒業

  • ISBN
    978-4-478-06659-1
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • すべてが「超効率化」する!ハーバード、スタンフォード、MIT…脳科学、心理学の最新研究からわかった、超シンプルなのに超効果的な驚異の方法。

    ★話題沸騰! 発売即重版! 世界絶賛のベストセラー、ついに待望の邦訳刊行!
    「一点集中」の画期的なノウハウと効果を説き、タイム誌、
    ファストカンパニー誌、フォーブス誌、ハフィントンポスト、
    CNN他、全米の話題を席巻、世界8か国で翻訳!

    ★一点集中であらゆる作業が「超効率化」する
    何にどのように「一点集中」することが最も効果が高いか?
    仕事だけでなく日常生活のすべてにおいて「時間」をどう管理すべきか?
    「脳の働き」を最適化するには具体的に何をすべきか?

    ★ハーバード、スタンフォード、MIT……
    脳科学、心理学の最新研究を網羅!
    タスクからタスクにスイッチする際の脳のエネルギーの非効率や
    学界で新常識になっている「マルチタスク」の非生産性、
    「シングルタスク」の大きな効果、「集中力」や「フロー」の発揮の仕方、
    脳の「疲弊」を防ぐ方法ほか、科学的に「効率」と「生産性」を
    最大化するメカニズムを詳細に提示する。

    ★「時間管理」と「自己管理」の最もシンプルで優れた方法
    「この方法はあなたの生産性とパフォーマンスを劇的に変える。
    本書は時間管理と自己管理についてあなたが生涯に読むものの中で
    最も重要な1冊になるだろう」(ブライアン・トレーシー)

    「著者は、シングルタスクがいかにストレスを減らし、生産性を高め、
    質の高い結果を生み出すかを示している。よりハードではなく、
    よりスマートに働きたい人にとって必読の書だ」(ケン・ブランチャード)
目次
INTRODUCTION シングルタスクの原則―たった1つの肝に銘じるべきルール
1 原則を固める(マルチタスクを封印する―「同時進行」の誘惑から逃れる
すべてを一気にシンプルにする―「一点集中術」とはなにか?)
2 行動を変える(脳の「集中力」を最大化する―脳がエネルギーを出せる環境をつくる
全行動を「1つずつ」にする―最大の成果をもたらす1日の行動法
5分で周囲の「信頼」をつかむ―「ノー」を言うことで人望を集める)
3 定着させる(賢者の時間術「タイムシフト」―「最重要課題」を攻略する
継続する方法―24時間「いまここ」にいつづける)
付録 シングルタスクのメリット、マルチタスクのデメリット

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:SINGLETASKING
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

【内容より】
◎最もタスクを変えない人が、最も能率が高い
◎「同時進行」をやめるだけで成果が上がる
◎120分間「鋭い集中力」を維持できる
◎脳がエネルギーを出せる環境をつくる
◎全行動を「1つずつ」にする
◎「午前中」になにを終わらせるべきか?
◎1日2回「空白タイム」をつくる
◎タスクをまとめて「集中的」に処理する
◎「タイムシフト」という合理的な時間管理法
◎「時間の節約」は意味がない
◎シングルタスクをいつまでも「継続」する

ページの先頭へ

閉じる

  • SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる
  • SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中