ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 石橋湛山 思想は人間活動の根本・動力なり

  • 石橋湛山 思想は人間活動の根本・動力なり

石橋湛山 思想は人間活動の根本・動力なり

  • 増田弘/著 増田 弘
    1947年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。法学博士。現在、立正大学石橋湛山研究センター長兼法学部特任教授

  • シリーズ名
    ミネルヴァ日本評伝選
  • ページ数
    384,8p
  • ISBN
    978-4-623-08092-2
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 石橋湛山(一八八四~一九七三)ジャーナリスト・政治家。戦前は東洋経済新報社でリベラル派の論客として活躍し、戦後は政界に転身、吉田内閣蔵相などを経て自民党総裁、首相となる。日中米ソの平和同盟を構想するも、病により退陣を余儀なくされる。本書では、湛山の思想・言論・政策を丁寧に辿り、今日に改めて問いかける。
目次
第1章 人間形成
第2章 東洋経済新報社
第3章 小日本主義の言論―一九一〇年代
第4章 植民地全廃論―一九二〇年代
第5章 転換期―一九三〇年代
第6章 言論統制―一九四〇年代前期
第7章 日本再建構想と政界転身―一九四〇年代中期
第8章 石橋積極財政とGHQ・吉田との対立―一九四〇年代後期
第9章 通産大臣と日中貿易関係―一九五〇年代中期
第10章 総理大臣と日中米ソ平和同盟―一九五〇年代後期~六〇年代
終章 湛山イズム

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 石橋湛山 思想は人間活動の根本・動力なり
  • 石橋湛山 思想は人間活動の根本・動力なり

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中