ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 市民とつくる調査報道ジャーナリズム 「広島東洋カープ」をめざすニュース組織

  • 市民とつくる調査報道ジャーナリズム 「広島東洋カープ」をめざすニュース組織

市民とつくる調査報道ジャーナリズム 「広島東洋カープ」をめざすニュース組織

  • 渡辺周/編著 花田達朗/編著 大矢英代/編著 ワセダクロニクル/編著 渡辺 周
    1974年生まれ。大阪府立生野高校、早稲田大学政治経済学部を卒業後、日本テレビに入社。2000年から朝日新聞記者。特別報道部などで調査報道を担当する。高野山真言宗の資金運用や製薬会社の医師への資金提供の実態などを報じたほか、原発事故後の長期連載「プロメテウスの罠」取材チームの主要メンバー。朝日新聞社を2016年に退社、ワセダクロニクルの取材・報道の総責任者(編集長)に就く

    花田 達朗
    1947年生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。早稲田大学政治経済学部卒業、ミュンヘン大学大学院博士課程満期退学。東京大学大学院情報学環教授、学環長を経て、2006年から現職。2007年より早稲田大学ジャーナリズム教育研究所所長、2015年より同大学ジャーナリズム研究所所長を務める。専門は社会学、メディア研究、ジャーナリズム研究

    大矢 英代
    1987年生まれ。ジャーナリスト。早稲田大学ジャーナリズム研究所招聘研究員、ワセダクロニクルシニアリサーチャー。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了(ジャーナリズムコース)。2017年3月まで琉球朝日放送記者兼番組ディレクター。琉球朝日放送では米軍人軍属の事件事故や日米地位協定、辺野古新基地建設問題などを取材、『テロリストは僕だった―沖縄・基地建設反対に立ち上がった元米兵たち』(2016年)でテレビ朝日のテレメンタリークール賞とテレメンタリー年間優秀賞、『この道の先に―元日本兵と沖縄戦を知らない私たちを繋ぐもの』(同)でテレビ朝日PROGRESS賞優秀賞を受賞

  • シリーズ名
    彩流社ブックレット 5
  • ページ数
    105p
  • ISBN
    978-4-7791-2336-8
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ワセダクロニクルが目指すのは、広島東洋カープである。カネがなくユニフォームも満足に準備できないハラハラする船出でも、市民が鍋を抱えて募金を募った。選手たちは原爆の荒野から立ち上がった市民と一体となって力をつけ、ジャイアンツを倒すまでになった。ワセクロにもカネがない。政府や大企業に挑むのは大海に小舟で漕ぎだすようなものかもしれない。しかし強い調査報道の組織をつくるのは、社会を変えたいと強く願う市民だ。「フェイクニュースと忖度が充満する世の中を一変したい」。そんな思いを抱く市民と手を携えることから始めたい。マーク・リー・ハンター氏と、調査報道ジャーナリズムのビジネスモデルについても考える。
目次
1 シンポジウム・読者との対話=市民社会との接続を求めて
2 シンポジウム・調査報道ジャーナリズム 世界の最前線から―Power is everywhere~そこにある権力(基調講演・「Power is everywhere」
パネルディスカッション・調査報道の何を誰がどのように支えるのか)
3 アメリカの調査報道メディアはいま
4 ステークホルダー・メディアと当事者公共圏―ジャーナリズムは誰のものか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 市民とつくる調査報道ジャーナリズム 「広島東洋カープ」をめざすニュース組織
  • 市民とつくる調査報道ジャーナリズム 「広島東洋カープ」をめざすニュース組織

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中