ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本の裁判官論 民事裁判の実相とその改革

  • 日本の裁判官論 民事裁判の実相とその改革

日本の裁判官論 民事裁判の実相とその改革

  • 大隅乙郎/著 大隅 乙郎
    1936年横浜市生まれ。1955年早稲田大学高等学院卒業。1958年司法試験合格。1959年早稲田大学第一法学部卒業。1961年~1970年長崎地方裁判所佐世保支部、宇都宮地方裁判所、大阪地方裁判所、裁判官歴任。1970年弁護士登録。1980年早稲田大学講師。1992年東京家庭裁判所調停委員。1977年~2005年国土交通省中央建設紛争審査会特別委員

  • ページ数
    207p
  • ISBN
    978-4-88142-138-3
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 民事裁判の活性化の起爆剤ここにあり!!体制内における裁判官制度改革運動は挫折した。それならば、どうしたら改革が実現できるのか。その解は本書にある。裁判官から弁護士に転身し、法曹経験五〇年を超える著者が明かにする。
目次
はじめに
日本の裁判官の誤判決の特色
裁判過誤判決を公表する方法はあるか
最高裁の改革に向けて
裁判官独立の原則はどこへ
裁判官と弁護士の相違
和解の功罪
異議あり!!問題判決(不法占有者の取得時効)
不動産競売における剰余主義の廃止
裁判官の矜持はどこに〔ほか〕

商品詳細情報

サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本の裁判官論 民事裁判の実相とその改革
  • 日本の裁判官論 民事裁判の実相とその改革

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中