ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 経済成長なき幸福国家論 下り坂ニッポンの生き方

  • 経済成長なき幸福国家論 下り坂ニッポンの生き方

ポイント倍率

経済成長なき幸福国家論 下り坂ニッポンの生き方

  • 平田オリザ/著 藻谷浩介/著 平田 オリザ
    1962年東京都生まれ。劇作家、演出家。劇団「青年団」主宰。国際基督教大在学中に劇団「青年団」を結成。「東京ノート」で岸田國士戯曲賞。鳩山政権で内閣官房参与。大阪大COデザインセンター特任教授。東京藝術大特任教授

    藻谷 浩介
    1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外90カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う

  • ページ数
    187p
  • ISBN
    978-4-620-32449-4
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 下山の時代を、より“おもしろく”。
  • ※発売日が変更になりました
    8月11日→9月下旬
目次
1章 上り坂から下り坂へ、時代の節目を生きる(怒りの正体
言論の自由を断固守りたい ほか)
2章 地方の活力に学べ(銀行より劇団
子どもを産む活力 ほか)
3章 下り坂か、高原か(寂しい人をほめる
イノベーションで成長は無理 ほか)
4章 おもしろい生き方ができる、おもしろい国(なぜ就職しなければならないのか?
評価の奴隷 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

藻谷浩介氏(「里山資本主義」)×平田オリザ氏(「下り坂をそろそろと下りる」)初の対談!!

「将来は絶望」と言われて久しい日本。確かに、少子高齢化が訪れ、長年デフレにあえいだ経済はいまも低成長を続けている。日本に住んでいるとこうした状況に閉塞感を感じざるを得ない。
だが、ひとたび視線を海外に向けると、逆に世界で日本に匹敵する豊かな国がほかにあるだろうか? 治安がよく、経済的に豊かで、宗教のタブーも少なく、文化的な伝統もある。居ながらにしてあらゆる商品が手に入るだけでなく、アニメやゲームなど最新の文化もあふれている。その証拠に日本を訪れる外国人観光客は年々増加している。

現状を楽観しすぎないことも重要だが、我々は悲観し過ぎではないのだろうか。この国に足りないものがまだまだあるのは事実だが、現状でも間違いなく美しく豊かな国であることを、まず認める必要があるのではないだろうか。

藻谷浩介氏は「データを見れば現状は悲観しすぎ。この国には豊かな蓄積がある」と断言する。岡山県奈義町の合計特殊出生率は全国平均を大きく超える2.81。自治体と住民の協働で進めた取り組みが実を結び始めている。
「元気な地方に面白い人材が現れている。下りの先に未来が見えてきた」と語る平田オリザ氏は、介護演劇や認知症演劇の試みを紹介。ユニークな取り組みの向こうにこの国の将来像が見え隠れする。

経済成長がなくとも、幸福な国家は実現可能と語る両氏。高度成長時代の世界観を捨て、低成長時代にふさわしい「コラボ社会」を目指すことが、美しいこの国の活力を呼び覚ます。

ピンチにこそチャンス」を見いだす二人が、これからを担う世代にむけてこれからの希望を語る!!
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 経済成長なき幸福国家論 下り坂ニッポンの生き方
  • 経済成長なき幸福国家論 下り坂ニッポンの生き方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中