ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 伯爵家の青い鳥

  • 伯爵家の青い鳥

伯爵家の青い鳥

  • ジェイン・アーバー/作 中村美穂/訳 アーバー,ジェイン(Arbor,Jane)
    イギリス生まれの作家。1948年のデビュー以来、ハーレクイン・ロマンスを中心に50作以上の作品を世に送りだした

  • シリーズ名
    ハーレクイン・ロマンス R3262
  • ページ数
    220p
  • ISBN
    978-4-596-13262-8
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

657 (税込:710

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 夫の事故死から半年後、ローワンの家に義弟ダリオが突然現れると、ぶしつけに尋ねた。「兄との間にできた息子はどこにいる?」いったいなんの話?ローワンには子供はいない。夫はイタリアの伯爵家の長男だが、父親からは勘当されていた。だがダリオと話しているうちに、子供が生まれたと嘘をつき、伯爵家から多額の養育費をせしめていた夫の裏の顔が見えてきた。ダリオから明らかな疑惑の目を向けられたローワンは狼狽した。違う!私は知らなかったのよ。有無を言わさず彼が冷たく告げた。「僕と一緒にローマに来て、父の前で弁明してもらおうか」

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 17cm
原題 原タイトル:HOUSE OF DISCORD
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

伯爵家に迷いこんだのは、泥棒猫か、
それとも幸せの青い鳥か──

夫の事故死から半年後、ローワンの家に義弟ダリオが突然現れると、
ぶしつけに尋ねた。「兄との間にできた息子はどこにいる?」
いったいなんの話? ローワンには子供はいない。
夫はイタリアの伯爵家の長男だが、父親からは勘当されていた。
だがダリオと話しているうちに、子供が生まれたと嘘をつき、
伯爵家から多額の養育費をせしめていた夫の裏の顔が見えてきた。
ダリオから明らかな疑惑の目を向けられたローワンは狼狽した。
違う! 私は知らなかったのよ。有無を言わさず彼が冷たく告げた。
「僕と一緒にローマに来て、父の前で弁明してもらおうか」

本国で1983年に刊行された、知られざる未邦訳旧作をお届けします。亡夫の嘘がもとで、イタリアの名門伯爵家に連れていかれたヒロイン。彼女の存在が閉鎖的な一族に波紋を呼んで……。

ページの先頭へ

閉じる

  • 伯爵家の青い鳥
  • 伯爵家の青い鳥

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中