ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 向精神薬と妊娠・授乳

  • 向精神薬と妊娠・授乳

向精神薬と妊娠・授乳

  • 伊藤真也/編 村島温子/編 鈴木利人/編 伊藤 真也
    トロント小児病院小児科臨床薬理部長/トロント大学医学部小児科教授

    村島 温子
    国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター主任副センター長。妊娠と薬情報センターセンター長

    鈴木 利人
    順天堂大学越谷病院メンタルクリニック教授

  • ページ数
    250p
  • ISBN
    978-4-525-38232-2
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 精神疾患を有する女性患者の妊娠・授乳を強力サポート!
    向精神薬の豊富な有効性・安全性情報,多岐にわたる症例解説など,精神疾患をもつ女性の妊娠・授乳への対応に必要な情報や知識をまとめた.また,改訂2版では,産褥精神病など周産期特有の精神疾患の解説を加えた.
    リスク・ベネフィットを考慮して向精神薬を適切に用いるために,精神科領域・産婦人科領域で即戦力となる実地書!
目次
第1章 妊娠・授乳期に関する基礎知識の整理(母性内科領域の基礎知識
添付文書情報の捉え方 ほか)
第2章 向精神薬投与と妊娠・出産・育児(妊娠と薬情報センターにおける向精神薬相談事例
挙児希望者・妊婦に対する向精神薬の適正使用―臨床における現状と課題 ほか)
第3章 向精神薬の薬剤情報と有益性・危険性の考え方(SSRI・SNRI・NaSSA
三環系・四環系抗うつ薬 ほか)
第4章 周産期の精神障害概論(産褥精神病
ボンディング障害 ほか)
第5章 症例から学ぶ―精神症状のコントロールと妊娠・授乳(うつ病
双極性障害 ほか)

商品詳細情報

サイズ 26cm
版数 改訂2版
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 向精神薬と妊娠・授乳
  • 向精神薬と妊娠・授乳

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中