ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦後史の中の教育基本法

  • 戦後史の中の教育基本法

戦後史の中の教育基本法

  • 宮盛邦友/著 宮盛 邦友
    学習院大学文学部教育学科准教授。1978年5月、神奈川生まれ。2006年に中央大学大学院文学研究科教育学専攻博士後期課程を単位取得満期退学後、北海道大学助教を経て、2014年より現職。専門は教育学/教育思想/教育法学/子どもの権利論

  • ISBN
    978-4-938140-99-1
  • 発売日
    2017年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
序章 旧・教育基本法第二条(教育の方針)の現代的意義―“教育基本法の再発見”の発展的契機としての
第1章 教育基本法の再発見―宮原誠一の権利自覚過程を中心にして
第2章 学習権論の教育実践論的基礎―能重真作と桐山京子の教育実践記録の観点から
第3章 教育運動における“男女共学”と“女子教育”の間―旧・教育基本法第五条(男女共学)に関する逐条解説と日本教職員組合・教育研究全国集会「女子教育問題」分科会での記録の検討を通して
第4章 社会教育・生涯学習条項の教育政策手法―第二の教育改革と第三の教育改革を中心にして
第5章 「非行」と向き合う親たちの会にみる人間発達援助実践―「援助」と「教育」の関係をめぐって
第6章 所沢市社会教育にみる社会教育実践―社会教育実践論の観点から
第7章 長野県辰野高等学校にみる学校経営開発実践―子ども参加を中心にして
付章1 教育基本法改正をめぐる教育改革過程―改正「推進」政策と「擁護」運動、教育関連学会・教育研究者とマスコミ・出版を中心にして
付章2 教育基本法改正問題と教育研究の課題―公開シンポジウムと公開研究会の研究成果をふりかえって

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦後史の中の教育基本法
  • 戦後史の中の教育基本法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中