ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 明治・大正期の科学思想史

  • 明治・大正期の科学思想史

明治・大正期の科学思想史

  • 金森修/編 金森 修
    1954年北海道出身。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(哲学・パリ第一大学)。筑波大学講師、東京水産大学助教授などを経て、東京大学大学院教育学研究科教授。専門:フランス哲学、科学思想史、生命倫理学

  • ページ数
    419,36p
  • ISBN
    978-4-326-10261-7
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,000 (税込:7,560

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 科学思想史の本当の研究対象は、自然というよりは“自然についての知識のあり方”、またはその“作られ方”である。科学思想史は、自然界の条理を探ろうとする人間の精神のあり方、つまり観察、概念構築、理論構成などを可能な限り緻密かつ複層的に捉えようとする。―金森修が構想、執筆者を集めた最後の書。明治以降の我が国の科学思想史を通覧する三部作、ここに完結。
目次
序章
第1章 国民と実学―「啓蒙」と「戯作」の交点
第2章 山川健次郎の科学思想と尚武主義―物理学・社会学・富国強兵
第3章 横井時敬の農学
第4章 明治・大正期の地理的知―朝鮮半島の地誌と旅行記をめぐって
第5章 宇宙と国粋―三宅雪嶺のコスミズム
第6章 帝國大學と精神病学と精神病者―明治・大正期における精神病治療思想の系譜
第7章 天変地異をめぐる科学思想―関東大震災と科学啓蒙者たちを中心に
第8章 千里眼は科学の分析対象たり得るか―心理学の境界線をめぐる闘争

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

明治以降、ほぼ現代に至る我が国の科学思想史――西洋思想との遭遇、対峙、咀嚼、展開などの諸相を含む科学思想史を通覧する基本的テクスト。
科学思想史は科学文化史でもあるという前提のもと、科学的記述に踏み込み過ぎず多様な読者が通読できるリーダブルなものとして構成。
昨年逝去した金森修が構想、執筆者を集めた最後の編集本。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 明治・大正期の科学思想史
  • 明治・大正期の科学思想史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中