ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • カウンセリングにおける宗教性 アニミズム的汎神論的宗教性とトポス

  • カウンセリングにおける宗教性 アニミズム的汎神論的宗教性とトポス

カウンセリングにおける宗教性 アニミズム的汎神論的宗教性とトポス

  • 加藤廣隆/著 加藤 廣隆
    1942年京都市に生まれる。1965年同志社大学卒。2006年佛教大学教育学研究科臨床心理学専攻修士修了。2015年佛教大学教育学研究科臨床心理学専攻博士修了。現在、釘抜地蔵石像寺住職。佛教大学博士(教育学)、臨床心理士

  • ISBN
    978-4-422-11664-8
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人の苦しみの釘を抜く。創建一二〇〇年、京の古刹釘抜地蔵石像寺住職が宗教家として臨床心理士として接した迫真の事例。
目次
第1章 問題と目的
第2章 日本人の宗教性―日本人の宗教性とカウンセリングの関わりについて(アニミズム的汎神論的宗教性のなかで創造された「物語」
日本人のアニミズム的汎神論的宗教性
悩みの文化的基盤 ほか)
第3章 カウンセリングにおけるトポスのもつ意味―釘抜地蔵石像寺のトポスについて(釘抜地蔵石像寺の位置
平安京における聖地としてのトポスのもつ意味
聖地としてのトポスのもつ心理学的意味 ほか)
第4章 事例研究(母の喪の仕事を通して、自分自身の人生をみつけた女性の事例
セルフ(魂)の象徴との出会いをもった強迫行動の青年の事例
トポスのはたらきによってセルフ(魂)の象徴との対話が持続し、人格変容を遂げた女性の事例)
第5章 総合考察と今後の課題

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

著者は京都の古刹・釘抜地蔵石像寺の住職。
長年信者の悩みに対応してきたが、説教と法話による相談活動に限界を感じ、カウンセリングの研修を始め臨床心理士資格と博士号を取得した。
本書は、その稀有な立場からの論究と事例をまとめたもの。
心理療法においては「生と死」の問題が避けられず、臨床心理士は宗教性を考える必要があることも多い。
本書の「寺の中でのカウンセリング事例」を読むことによって、読者は人間心理のさらなる深みを学ぶことになるだろう。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • カウンセリングにおける宗教性 アニミズム的汎神論的宗教性とトポス
  • カウンセリングにおける宗教性 アニミズム的汎神論的宗教性とトポス

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中