ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • お金のウソ―――親の常識は、これからの非常識!

  • お金のウソ―――親の常識は、これからの非常識!

お金のウソ―――親の常識は、これからの非常識!

  • 中野晴啓/著 中野 晴啓
    セゾン投信株式会社代表取締役社長。1987年明治大学商学部卒業、クレディセゾン入社。関連会社資金運用部にて自己勘定で債券のポートフォリオ運用に従事後、投資顧問事業を立ち上げ、運用責任者としてグループ資金の運用や海外契約資産の運用助言を行う。2006年セゾン投信を設立。07年4月より現職。R&Iファンド大賞を4年連続受賞

  • ページ数
    202p
  • ISBN
    978-4-478-06920-2
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本当に良い「たった1本の投資信託」を積み立てするだけで、お金が増える!貯金から卒業して3000万円つくる方法。今から買ってもいい投資信託8本も紹介!!

    お金を増やしたいなら、親の言うことは信じるな!
    親世代の常識と同じことをやっていると、将来、後悔します。
    そもそも、親世代、祖父母世代は、日本が高度経済成長の時代を過ごしてきたので
    預金金利は7%と高く、家を買えば資産価値が高くなり、退職金も、年金もたくさんもらえて
    老後の心配をせずにすみました。そしてため込んだお金は、20年も続くデフレのために、
    価値がどんどん増えていったのです。

    しかし今の20代、30代のみなさんは、親の言うことを真に受けて、
    「預金をして」「保険に入り」「家を買う」という、親世代と同じ行動をしていてはいけません。
    普通預金の金利は0.001%、家を購入すれば価値が下がることも多くなり、退職金や年金は自分でも用意しなくてはいけないのです。
    このような時代、今までの正解だったお金の常識は、ウソと言ってもいいでしょう。
    しかし、まだまだ 親世代の価値観に縛られている人が多すぎます!

    投資のプロとして、さらに「セゾン投信」代表取締役として、今や12万人の支持を受けている、
    中野さんが、これからの若い世代の資産の作り方を指南。
    それはだれでもできる、再現性のあふれた、かんたんなやり方だったのです。

    日本だけでなく、世界へ手軽に簡単に投資ができる投資信託、それも1種類=1本だけでOKなものを積み立てしましょう。
    月々5000円でも1万円でもOKで、まずは仕組みを作ります。
    もちろん、どんな商品を選べばいいのか、金融機関にだまされないような正しい選び方も指南。
    この本を読んで、今すぐ積み立てを始めれば、誰でも手間なしで、3000万円作れる方法がわかります!
目次
第1章 親世代のお金の常識は、子世代の非常識(親世代の常識は、子世代の非常識
人口が減少すると、経済成長が止まる ほか)
第2章 新・お金との正しい付き合い方(親世代は「投資」に対して悪いイメージしか持っていない
みんなで利益を分け合う「プラスサム」という世界 ほか)
第3章 今の時代に合ったお金の運用術(貯金はするな
「社会人なんだから保険くらい入ったら?」の嘘 ほか)
第4章 一生涯付き合える「投資信託」の選び方(投資信託ってなんだ?
長く付き合える投資信託を選ぶポイント ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • お金のウソ―――親の常識は、これからの非常識!
  • お金のウソ―――親の常識は、これからの非常識!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中