ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 平安朝漢詩文の文体と語彙

  • 平安朝漢詩文の文体と語彙

ポイント倍率

平安朝漢詩文の文体と語彙

  • 後藤昭雄/著 後藤 昭雄
    1943年、熊本市に生まれる。1970年、九州大学大学院修了。大阪大学名誉教授

  • ISBN
    978-4-585-29146-6
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

8,000 (税込:8,640

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 平安朝漢詩文のなかから雑詩、讃、記、牒、祭文、呪願文、表白、願文、諷誦文及び碑の一〇種の文体について、実例の読解および当該作品の読まれた状況の再現により、その構成方法や機能などの文体的特徴を明らかにし、日本文学史・日本文化史における位置づけを提示する。また、平安朝漢詩文における構成要素として最も基本的なものとなる語彙について、当時の時代的背景・文化的状況を複合的に考察することにより、当該語彙の意味、使用された意図などを明らかにする。平安朝の言語・文学・政治・思想等、多面的な領域に関わる基盤研究。
目次
1(経国の「文」―文体が担う社会的機能
小野篁の「輪台」詠
踏歌章曲考
入唐僧の将来したもの―讃と碑文
『三国祖師影』の讃 ほか)
2(菅原道真の詩と律令語
平安朝詩と律令語
平安朝詩文の「俗語」
『続日本紀』における中国口語
日本の古代の文献と中国口語)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 平安朝漢詩文の文体と語彙
  • 平安朝漢詩文の文体と語彙

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中