ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「国境」で読み解く世界史の謎

  • 「国境」で読み解く世界史の謎

「国境」で読み解く世界史の謎

  • 武光誠/著 武光 誠
    1950年、山口県防府市生まれ。1979年、東京大学大学院国史学博士課程を修了。文学博士。現在、明治学院大学教授。日本古代史を専攻し、歴史哲学的視野を用いた日本と世界の思想・文化の研究に取り組む

  • シリーズ名
    PHP文庫 た17-19
  • ページ数
    317p
  • ISBN
    978-4-569-76750-5
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

780 (税込:842

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • モンゴル帝国が最大領土を得られた理由、なぜカリブ海に欧州の飛び地が多い?――常に争いの種となった国境から人類の本質が見えてくる。
    (「近刊情報」より)
目次
同じ島国の日本とイギリスで、国境の変遷が全く違う理由とは?
朝鮮民族はなぜ、分裂国家の時代が長いのか?
古代中国の海洋政策から考える、中国の海洋進出の目論見とは?
ロシアはなぜ、北方領土の領有に固執するのか?
モンゴルはなぜ、ロシアと中国の二大国の間で独立できたのか?
なぜ新疆ウイグル自治区とチベット自治区は独立できないのか?
ロシアによるヨーロッパへの領土拡大の目的とは?
EUが行き詰まり、ヨーロッパが一つになれないわけとは?
ルクセンブルク、モナコなどの小国はなぜ生き残れたのか?
中南米にヨーロッパ諸国の飛び地が残っているのはなぜか?〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

国家が誕生してから、領土をめぐる争いは絶えない。近年でも、ロシアのクリミア併合や中国による南沙諸島の埋め立てなど、領土拡大に野望を燃やす国は多い。そこで本書は、アメリカがメキシコとの国境にこだわる理由や、なぜブラジルの国土が南米の約半分を占めているのかなど、国境の変遷から世界史を見直す一冊。国境について知ることで、国際問題の真の原因がみえてくる。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「国境」で読み解く世界史の謎
  • 「国境」で読み解く世界史の謎

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中