ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 地域と対話するサイエンス エリアケイパビリティー論

  • 地域と対話するサイエンス エリアケイパビリティー論

地域と対話するサイエンス エリアケイパビリティー論

  • 石川智士/編 渡辺一生/編 石川 智士
    総合地球環境学研究所教授。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程後期修了。専門分野は水産学、保全生態学、地域開発学、集団遺伝学

    渡辺 一生
    総合地球環境学研究所上級研究員。岐阜大学大学院連合農学研究科生物環境科学専攻博士(農学)修了。専門分野は地理情報学、地域研究

  • ISBN
    978-4-585-26000-4
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 地域資源を再発見し、ヒトと自然の望ましい将来を考える。AC(エリアケイパビリティー)とはどのような考え方なのか?それによって、地域の自然環境にどのような好影響があり、そこで暮らす人々にどのような社会的・経済的恩恵があるのか?ACの可能性を追究する理論編。
目次
エリアケイパビリティー(AC)の着想
第1部 ACの視点(サステナビリティーからエリアケイパビリティー(AC)へ―地域資源の活用によるダイナミックな社会発展をめざして
ACの社会実装)
第2部 ACで東南アジア沿岸域環境を捉える(生物多様性と地域資源の関係性―アジアの水産資源を例として
物質循環から捉える「地域」と健全性の評価
エコトーンとしての沿岸域とマングローブ林の働き
東南アジア沿岸域における化学物質汚染とその生物影響)
第3部 ACで東南アジア沿岸域社会を捉える(漁村社会におけるACの向上とは
沿岸資源の利用と水産物流通
漁村社会と漁家
漁村コミュニティと地元民の意識
漁村社会の資源管理とケア
タイとフィリピンの漁村を調査して)
沿岸域におけるACの向上に向けて
付録 小規模漁業・漁家調査に関する量的データ収集のためのマニュアル

商品詳細情報

サイズ 20cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 地域と対話するサイエンス エリアケイパビリティー論
  • 地域と対話するサイエンス エリアケイパビリティー論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中