ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 堤中納言物語の新世界

  • 堤中納言物語の新世界

堤中納言物語の新世界

  • 横溝博/編 久下裕利/編 横溝 博
    東北大学准教授。主要著書・論文「按察家の人々―『海人の刈藻』を中心として―」(『源氏以後の物語を考える―継承の構図』武蔵野書院・2012年5月)、「『夜の寝覚』の引歌表現「思ふものの心地」をめぐって―『源氏物語』葵巻の六条御息所との関わりから―」(『知の挑発 平安後期 頼通文化世界を考える―成熟の行方』武蔵野書院・2016年7月)

    久下 裕利
    昭和女子大学教授。主要著書・論文「大望祈願の物語―石山詣から初瀬詣へ―」(『知の遺産―更級日記の新世界』武蔵野書院・2016年10月)、「大納言道綱女豊子について―『紫式部日記』成立裏面史―」(昭和女子大学「学苑」915号・2017年1月)

  • シリーズ名
    知の遺産シリーズ 4
  • ISBN
    978-4-8386-0469-2
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
文学史上の『堤中納言物語』
六条斎院〓(ばい)子内親王家「物語合」の復原―『後拾遺和歌集』の詞書の再検討を通して
『花桜折る少将』の切り詰められた世界―終末部における中将の乳母登場の意義など
『虫めづる姫君』を読む―冒頭部の解釈をめぐって
『ほどほどの懸想』覚書―“三”という数字への“こだわり”をめぐって
『逢坂越えぬ権中納言』を読む
『貝合』を読む―正しい読解のための六つの問題点
『思はぬ方に泊まりする少将』を読む―「宇治十帖」を起点に
『はいずみ』を読む―「我身かく」歌の解釈と「口おほひ」する女の系譜
『堤中納言物語』―研究の現在と展望

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 堤中納言物語の新世界
  • 堤中納言物語の新世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中