ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ラカン真理のパトス 一九六〇年代フランス思想と精神分析

  • ラカン真理のパトス 一九六〇年代フランス思想と精神分析

ラカン真理のパトス 一九六〇年代フランス思想と精神分析

  • 上尾真道/著 上尾 真道
    1979年福岡県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。現在、立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員

  • ページ数
    342p
  • ISBN
    978-4-409-34050-9
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,500 (税込:4,860

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1960年代政治の季節、それは精神分析にとっても画期となる時代であった。医者でもなく心理士でもない特異な存在としての精神分析家、何としてもラカンはそれを歴史のうねりの中から生み出す必要があった。起伏に満ちたその運動の軌跡を、具体的文脈に沿い同時代の視点から捉える、気鋭による白熱の論考。
目次
第1章 戦後フランスの心‐政治―ラカン思想の舞台
第2章 理論の実践―アルチュセールとの距離
第3章 真理への情熱―ラカンのエピステモロジー
第4章 運命とのランデブー―ラカン、ドゥルーズ、ストア哲学
第5章 精神分析実践とマゾヒズム―教育の舞台装置
第6章 行為と言説―六八年五月の閾の上で
第7章 “科学”時代の享楽身体
結論に代えて―「すべてでない」時代に

商品詳細情報

サイズ 20cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ラカン真理のパトス 一九六〇年代フランス思想と精神分析
  • ラカン真理のパトス 一九六〇年代フランス思想と精神分析

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中