ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 世界の絶望百景 2017 トラウマ必至の不気味スポット

  • 世界の絶望百景 2017 トラウマ必至の不気味スポット

世界の絶望百景 2017 トラウマ必至の不気味スポット

  • 巻の書名
    トラウマ必至の不気味スポット
  • ISBN
    978-4-86537-082-9
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

552 (税込:596

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 虐殺現場・ゴーストタウン・心霊廃墟・汚染地帯・自殺の名所。トラウマ必至の不気味スポット。
目次
グラビア(シリア内戦で破壊され尽くした街―ホムス(シリア西部)
放射能汚染でゴーストタウンに―福島第一原発周辺エリア(福島県双葉町・浪江町・大倉町・富岡町) ほか)
第1章 日本(開拓民7人が食い殺された現場を再現―三毛別ヒグマ事件復元現地(北海道・苫前町)
真岡郵便電信局事件で自決した電話交換手9人の慰霊碑―九人の乙女の像(北海道・稚内市) ほか)
第2章 アジア・オセアニア(植民地時代の反日抗争を再現―西大門刑務所歴史館(韓国・ソウル)
恐るべき人体実験の様子を蝋人形で再現―731部隊跡地博物館(中国・ハルビン) ほか)
第3章 ヨーロッパ(毒草から麻薬まで栽培される超デンジャラスな庭―ポイズン・ガーデン(イギリス・ノーサンバーランド)
イギリスの黒歴史をグロテスクに再現―ロンドン・ダンジョン(イギリス・ロンドン) ほか)
第4章 アメリカ・アフリカ(所狭しと並ぶ、奇形、奇病の実物標本―ムター博物館(アメリカ・ペンシルベニア州)
一家惨殺事件が起きた“悪魔の住む家”―オーシャン・アベニュー112番地(アメリカ・ニューヨーク州) ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 世界の絶望百景 2017 トラウマ必至の不気味スポット
  • 世界の絶望百景 2017 トラウマ必至の不気味スポット

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中