ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「白い恋人」奇跡の復活物語

  • 「白い恋人」奇跡の復活物語

「白い恋人」奇跡の復活物語

  • 石水創/著 石水 創
    石屋製菓(株)、石屋商事(株)代表取締役社長。1982年、札幌市生まれ。2004年に東洋大学法学部経営法学科を卒業後、石屋製菓(株)に入社。1年間イギリス、スイスへ留学し、語学・製菓技術を学ぶ。その後、2013年に小樽商科大学大学院(商学研究科アントレプレナーシップ専攻)修了。同年8月、石屋製菓(株)、石屋商事(株)代表取締役社長に就任。理念は「しあわせをつくるお菓子」

  • ISBN
    978-4-8002-6477-0
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • なぜ、私たちは「白い恋人」を買ってしまうのか。賞味期限偽装、社長の辞任、倒産の危機、10年前のどん底から日本一人気のお土産菓子に―。当事者が語る復活の舞台裏。

    北海道のお土産として不動の人気を誇る「白い恋人」。現在、その製造枚数は1日に83万枚。年間の売上は約130億円となっています。
    しかし、その道は決して順風満帆なものではありませんでした。
    2007年8月、「白い恋人」の賞味期限改ざんが発覚。
    商品は全品回収、製造・販売の停止に追い込まれ、「白い恋人」の発売を開始した1976年以降、初の赤字に転落しました。
    当時の社長は引責辞任。失墜したブランドイメージを回復させるため、全社を挙げての取り組みを開始しました。
    結果、売上はV字回復。2016年には売上高が4期連続で過去最高を更新しています。
    2007年、現場では一体何が起こっていたのか――。ブランドイメージの復活をかけた取り組みとは何だったのか――。
    なぜ、海外からの旅行客は「白い恋人」を選ぶのか――。今後の販売戦略とは――。

    「白い恋人」メーカー、石屋製菓株式会社の石水創代表取締役自らが、余すところなく語ります。
目次
1章 史上最悪の「裏切り」(石屋製菓の「今」
お客様を裏切った「あの日」のこと ほか)
2章 奇跡の「復活」(会頭の訪問で父が退任を決意
企業再生のプロ、島田社長の手腕 ほか)
3章 「白い恋人」の「歴史」(石屋製菓の歴史
高級洋菓子路線への方向転換 ほか)
4章 3代目の「使命」(迫りくる社長就任の日
大切にするのは「外とのつながり」 ほか)
5章 しあわせをつくる「夢」(石屋製菓のこれから
白い恋人パークを夢の工場に ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「白い恋人」奇跡の復活物語
  • 「白い恋人」奇跡の復活物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中