ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • お金に愛される人は、美しい財布を使っている

  • お金に愛される人は、美しい財布を使っている

お金に愛される人は、美しい財布を使っている

  • 八島依子/〔著〕 八島 依子
    聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、日本航空株式会社で国際線客室乗務員として勤務。税理士に合格。今は札幌市で「八島依子税理士事務所」として独立開業中。税理士の仕事のほかに、元CAという経歴を活かしてマナー研修や姿勢指導、大学の非常勤講師なども務める。大学生の長男と、小学生の次男、2児の母

  • ISBN
    978-4-295-40070-7
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,380 (税込:1,490

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  •  お財布を変えれば人生が変わる!
    なぜかお金に困らない人の財布は、いつも美しいものです。
    お金に困っている人の財布は、汚れていたり、擦り切れていたり、カードやレシートでいっぱいになっていたりしますが、
    お金の哲学を持っている人の財布は、いつもスリムで、美しい。
    国際線CA、そして税理士として数々のVIPや経営者を見る中で、その法則に気が付きました。

    お金はただの紙ではなく、人の信頼を表すもの。
    つまり、人の役に立てば立った分だけのお金が財布に入ってきます。
    お金持ちの人は、それだけ人・社会に貢献しているから、対価としてお金を手に入れている。

    だから、お金が欲しいなら、まずは相手のことを考える必要があります。
    自分だけただで儲けようとか、人から奪う人のところに、お金は長くとどまらない。

    たとえば一番最近、寄付をしたのはいつですか?
    いつもワリカンしていませんか?
    無意識に人から奪っているものはありませんか?
    今、「お金がない」と思う状態なのであれば、足りないのはお金ではなく、信頼を増やす行動なのかもしれません。

    お金がたくさん回ってくる人の、お金の使い方、向き合い方、考え方。
    「お金の出口を把握する方法」「効率的な貯蓄の方法」「クレジットカードの選び方・ポイントの罠」など、
    具体的なハックを示しつつ、お金に悩まないエレガントな生き方を提案します。
目次
1 お金に愛される人の財布(お金が戻ってきたがるお財布
お財布の小銭の値段がわかりますか ほか)
2 お金をまわせば、入るものも大きくなる(神様のポケットにも貯金をしましょう
マザー・テレサの逸話 ほか)
3 気持ちまで豊かになるお金の習慣(お金の出口を把握する3つの方法
消費、貯蓄、投資の3種類の使い方 ほか)
4 お金で悩まないというエレガンス(おしゃれにかけるお金の考え方
ブランド品の分割払いは身分不相応の証 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • お金に愛される人は、美しい財布を使っている
  • お金に愛される人は、美しい財布を使っている

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中