ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なぜ闘う男は少年が好きなのか

  • なぜ闘う男は少年が好きなのか

なぜ闘う男は少年が好きなのか

  • 黒澤はゆま/著 黒澤 はゆま
    1979年宮崎県生まれ。歴史小説家。システムエンジニアの仕事のかたわら、小説教室「玄月の窟」で修業中、エージェントに才能を見出され、古代中国を舞台に宦官の少年が主人公の『劉邦の宦官』(双葉社)でデビュー

  • ISBN
    978-4-584-13785-7
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,426 (税込:1,568

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 歴史を変えた男と少年の秘密の恋。webメディア『cakes』で累計100万PVを誇る連載コラムがついに書籍化!
目次
序章 武田信玄のラブレター
第1章 世界の男色(ガチムチだったソクラテス―哲学の祖に恋した危険な少年
同性愛者ばかりのローマ皇帝たち―神になった少年アンティノウス
皇帝の四割は両性愛者?劉邦にひざ枕をしていた謎の美少年
髭のない少年に用心せよ!!イスラームの少年愛
ホモフォビアの吹き荒れる中世ヨーロッパ青髭ジル・ド・レ)
第2章 日本の男色(日本に男色を持ち込んだのは空海?日本仏教の男色
武士に犯される貴族!?平安貴族の男色の実態
真田丸の血筋を守ったのは政宗の愛人!?独眼竜政宗のキス
お江戸の華は美少年!陰間茶屋案内記
美少年に血と刀はよく似合う!?男色と流血)
第3章 男色はなぜ廃れたのか(男色を互いの国のせいにしあうヨーロッパ諸国―オスカー・ワイルドの愛と悲劇
日本でも衰え行く男色―美少年を集団で襲う白袴隊)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

90万PVを誇る人気連載の書籍化!戦乱の時代に決まって栄えた「少年愛」の起源と現代日本人の精神にも残る痕跡を探る。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • なぜ闘う男は少年が好きなのか
  • なぜ闘う男は少年が好きなのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中