ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ユーラシア帝国の興亡 世界史四〇〇〇年の震源地

  • ユーラシア帝国の興亡 世界史四〇〇〇年の震源地

ユーラシア帝国の興亡 世界史四〇〇〇年の震源地

  • クリストファー・ベックウィズ/著 斎藤純男/訳 ベックウィズ,クリストファー(Beckwith,Christopher I.)
    インディアナ大学中央ユーラシア研究科教授。中央ユーラシアおよび東アジアの歴史・言語・思想に通じ、いくつもの新しい見解を提出している

    斎藤 純男
    東京学芸大学教授

  • ISBN
    978-4-480-85808-5
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,200 (税込:4,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 中央ユーラシアが求めたのは侵略ではなく交易だった。古代から現代まで、世界の経済・文化・学問を担った最重要地域の歴史を描く。
目次
英雄とその友たち
二輪馬車の戦士たち
王族スキュタイ
ローマと中国の軍団
フン族の王アッティラの時代
突厥帝国
シルクロード、革命、そして崩壊
ヴァイキングとカタイ
チンギス・カンとモンゴルの征服
中央ユーラシア人、ヨーロッパの海へ
道は閉ざされた
中心なきユーラシア
よみがえった中央ユーラシア
バルバロイ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:EMPIRES OF THE SILK ROAD
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

中央ユーラシアが求めたのは侵略ではなく交易だった。古代から現代まで、世界の経済・文化・学問を担った最重要地域の歴史を描く。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ユーラシア帝国の興亡 世界史四〇〇〇年の震源地
  • ユーラシア帝国の興亡 世界史四〇〇〇年の震源地

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中