ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なぜ日本企業は勝てなくなったのか 個を活かす「分化」の組織論

  • なぜ日本企業は勝てなくなったのか 個を活かす「分化」の組織論

なぜ日本企業は勝てなくなったのか 個を活かす「分化」の組織論

  • 太田肇/著 太田 肇
    1954(昭和29)年兵庫県生まれ。同志社大学政策学部教授。神戸大学大学院経営学研究科修了。経済学博士。専門は個人を尊重する組織の研究

  • シリーズ名
    新潮選書
  • ISBN
    978-4-10-603798-6
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 会社が危機の時、全社一丸となろうとしてはいないか?かつて利点だった日本企業の「まとまる力」が、いま社員一人一人の能力を引き出すことの大きな妨げになり、組織を不活性化させている。必要なのは、まず組織や集団から個人を「引き離すこと」なのだ。働き方をドラスティックに変え、個の力を充分に活かすための新しい提案。
目次
第1章 「未分化」が引き起こしていること(「分化」とは何か
企業不祥事はなぜ繰り返されるのか
「ブラック企業一掃」の壁
「女性活躍推進」の壁
「同一労働同一賃金」の壁)
第2章 日本企業の深層に残っているもの(なぜ日本企業は勝てなくなったのか
共同体型組織の限界
成果主義が失敗した本当の理由)
第3章 「分化」するとどう変わるか?(「分化」することのメリット
「分化」すればつながる
個人レベルの分化)
第4章 「分化」と「統合」をどう両立させるか?(ジレンマから抜け出すには
分化した個人は、どう協働するのか
「分化」をどう仕掛けるか)
第5章 「分化」の過去と未来(タテの分化からフラット化へ
ヨコに分化するポスト工業社会
やがて分化は終わるのか)

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

さらば、集団主義!企業を再生させる新しい働き方とは?
会社が危機の時、全社一丸になろうとしてはいないか?
かつて利点だった日本企業の「まとまる力」が、いま社員一人一人の能力を引き出すことの大きな妨げとなり、組織を不活性化させている。
必要なのは、まず組織や集団から個人を「引き離すこと」なのだ。
働き方をドラスティックに変え、個の力を充分に活かすための大胆な提案。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • なぜ日本企業は勝てなくなったのか 個を活かす「分化」の組織論
  • なぜ日本企業は勝てなくなったのか 個を活かす「分化」の組織論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中