ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 剣客大名柳生俊平 6 御前試合

  • 剣客大名柳生俊平 6 御前試合

剣客大名柳生俊平 6 御前試合

  • 麻倉一矢/著 麻倉 一矢
    1947年、兵庫県生まれ。東京大学文学部卒業、コピーライターを経て、『魔宮伝』(角川書店)で作家デビュー

  • シリーズ名
    二見時代小説文庫 あ2-10 剣客大名柳生俊平 6
  • ISBN
    978-4-576-17059-6
  • 発売日
    2017年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

648 (税込:712

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 将軍の影目付・柳生俊平は一万石大名の盟友二人と、悪党どもに立ち向かう!実在の大名の痛快な物語、続々重版のシリーズ第6弾
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

かの戦国の梟雄・松永弾正が信長に攻められた折、一緒に爆死したとされる、伝説の名物「平蜘蛛の茶釜」が秘かに柳生家に伝わっていた。これに鳥取藩三十二万石の池田吉泰が目をつけた。池田のあくどい手口に将軍吉宗は怒り、将軍の影目付たる柳生俊平に、御前試合にて風狂大名池田を懲らしめるよう命じた。俊平は鳥取藩の剣豪たちに、柳生藩の存亡をかけて立ち向かう。実在の大名の痛快な物語。書き下ろし長編時代小説。

ページの先頭へ

閉じる

  • 剣客大名柳生俊平 6 御前試合
  • 剣客大名柳生俊平 6 御前試合

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中