ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • グローバル化と憲法 超国家的法秩序との緊張と調整

  • グローバル化と憲法 超国家的法秩序との緊張と調整

グローバル化と憲法 超国家的法秩序との緊張と調整

  • 山田哲史/著 山田 哲史
    1984年愛知県生まれ。2007年京都大学法学部卒業。2009年京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了。2012年京都大学大学院法学研究科法政理論専攻修了。現在、岡山大学大学院社会文化科学研究科・法学部准教授

  • シリーズ名
    憲法研究叢書
  • ISBN
    978-4-335-30335-7
  • 発売日
    2017年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,800 (税込:6,380

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国際法学とのあいだに橋を架け、グローバル化時代の憲法学を拓く。グローバルな法規範の絶え間ない流入によって国内法秩序の民主的正統性がゆらぐ「民主主義の赤字」に対し、グローバルな法規範への国内議会関与、および国内裁判所によるグローバルな法規範の適用に関するドイツ・アメリカの議論を丹念に跡付けることで憲法学からの応答を試みる。新時代の礎となる、本格的研究。
目次
第1部 グローバル化時代における国内議会(我が国における条約承認をめぐる議論
ドイツにおける議会関与論
アメリカにおける議会関与論
ドイツ・アメリカの議会関与論の比較と我が国におけるその展望)
第2部 グローバル化時代における国内裁判所(問題の所在―国内裁判所のプレゼンス
我が国における国際法の国内適用
アメリカにおける国際法の国内適用
ドイツ連邦共和国基本法における国際法親和性原則
アメリカ・ドイツにおける国際法の国内適用論の比較と日本国憲法98条2項の意義と再考
国境を越える裁判所の「対話」と民主主義)

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • グローバル化と憲法 超国家的法秩序との緊張と調整
  • グローバル化と憲法 超国家的法秩序との緊張と調整

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中