ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術

  • フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術

フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術

  • 中原淳/著 中原 淳
    東京大学大学総合教育研究センター准教授。1975年、北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員等をへて、2006年より現職。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人材育成・リーダーシップ開発について研究している。専門は経営学習論・人的資源開発論

  • シリーズ名
    PHPビジネス新書 372
  • ISBN
    978-4-569-83290-6
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

870 (税込:957

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 年上の部下、育たない若手…多様化する職場の人材に対応できず、部下育成がおろそかになっている現代のマネジャーたち。そんな悩みを解決する、日本の企業ではあまり知られていない人材育成法、それが「フィードバック」。「成果のあがらない部下に、耳の痛いことを伝えて仕事を立て直すこと」と定義されるこの部下指導の技術について、基本理論から実践的ノウハウまでを余すことなく収録。「フィードバック」の入門書にして決定版の1冊。
目次
第1章 なぜ、あなたの部下は育ってくれないのか?(日本のマネジャーが疲労している原因は「部下育成」にあり
「昔の上司は人を育てるのがうまかった」は本当か? ほか)
第2章 部下育成を支える基礎理論フィードバックの技術 基本編(部下育成の基礎理論:「経験軸」と「ピープル軸」で考える
経験軸―部下に適切な業務経験を与えているか? ほか)
第3章 フィードバックの技術 実践編(チェックポイント1.あなたは、相手としっかりと向き合っているか?
チェックポイント2.あなたは、ロジカルに事実を通知できているか? ほか)
第4章 タイプ&シチュエーション別フィードバックQ&A(すぐに激昂してしまう「逆ギレ」タイプ
何を言っても黙り込む「お地蔵さん」タイプ ほか)
第5章 マネジャー自身も成長する!自己フィードバック・トレーニング(フィードバックの実力をつける二つのポイント
「模擬フィードバック」で、自分のフィードバックを客観的に観察 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術
  • フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中