ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 原発事故から這いあがる!有機農業ときどき人形劇

  • 原発事故から這いあがる!有機農業ときどき人形劇

原発事故から這いあがる!有機農業ときどき人形劇

  • 大河原多津子/著 大河原伸/著 大河原 多津子
    1954年福島県郡山市生まれ。1985年結婚と同時に田村市船引町で就農。半年後から夫と、劇団「赤いトマト」の活動を始める。2013年隣町三春に、直売所兼レストラン「えすぺり」をオープン。また、一人人形芝居「太郎と花子のものがたり」の上演を始める

    大河原 伸
    1956年福島県田村市生まれ。1982年有機農業を始めると同時に「やさい通信」を発行。2011年福島原発事故後、被災した農民の歌を歌い始める

  • ページ数
    127p
  • ISBN
    978-4-903192-32-1
  • 発売日
    2017年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 劇団「赤いトマト」は福島原発事故の語り部となり、耕し続けてきた大地、生産者のプライド、おだやかな暮らしを奪われた農民の怒りと苦悩をリアルに伝える。
目次
第1章 人形劇が語る原発事故(農業に生きるプライド
あの日を風化させないために
『人形劇』太郎と花子のものがたり ほか)
第2章 暴力的に日常を奪った原発事故(東日本大震災の当日
原発事故の予感(『2月のある夜の夢』)
原発事故が現実に(2011年3月15日について) ほか)
第3章 世界で一番美しい「福島」のために(母ちゃん日記 希望こそ前に進むエネルギー
母ちゃん日記 耕し、土から恵みを受ける喜び
母ちゃん日記 甘くないぞ!「えすぺり」の経営 ほか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 原発事故から這いあがる!有機農業ときどき人形劇
  • 原発事故から這いあがる!有機農業ときどき人形劇

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中