ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • カナダの女性政策と大学

  • カナダの女性政策と大学

カナダの女性政策と大学

  • 犬塚典子/著 犬塚 典子
    慶應義塾大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学、博士(教育学)。2004年東北大学大学院法学研究科COE研究員。2007年九州大学女性研究者支援室特任准教授。2010年京都大学女性研究者支援センター特任教授。現在、京都聖母女学院短期大学教授。専攻、教育学、社会学、公共政策

  • ISBN
    978-4-7989-1389-6
  • 発売日
    2017年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,900 (税込:4,290

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「女性活躍推進法」などの安倍政権が掲げる成長戦略の一つ「女性活躍社会」。果たして近年中にどこまで実現できるだろうか?たとえば大学院に進学する女性と、女性の大学教員の比率を比べると、日本は極端に教員の方が少なく、OECD各国の中でも最低レベルであり、この差を埋めるのは容易ではない。本書は、国家主導の実効的な女性政策により、女性教員数を一貫して増加させているなど、カナダの実態を詳細に示し、同じく国家主導の日本に大きく示唆する、まさに時宜を得た研究である。
目次
序章 本研究の課題と方法(本研究の課題と対象
先行研究の検討と方法)
第1章 「女性の地位に関する政府調査委員会」による政策形成―教育へのアクセスを求めて(カナダの大学と女性―歴史的展望
「女性の地位に関する政府調査委員会」
教育へのアクセスを求めて―「女性の地位」に関する大学の対応)
第2章 「雇用公平法」と大学―研究職へのアクセスを求めて(雇用公平法成立までの背景
雇用公平法の成立と改正―連邦契約事業者プログラム(FCP)
雇用公平法に対する大学の取組)
第3章 両立支援政策と大学―ワーク・ライフ・バランスを求めて(カナダの両立支援政策
大学の両立支援事業
ケベック州の政策と大学の取組)
終章 総括と今後の研究課題

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • カナダの女性政策と大学
  • カナダの女性政策と大学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中