ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 土俵の群像

  • 土俵の群像

土俵の群像

  • 岩崎友太郎/著 岩崎 友太郎
    昭和21年高知県生まれ。東洋美術学校グラフィックデザイン科卒業。アドブレーン勤務などを経てクリエイティブ・オフィス(株)アド壱座代表。一般社団法人二科会デザイン部業務理事・事務局長

  • ISBN
    978-4-560-09542-3
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 行司、呼出、床山をはじめ、相撲教習所や巡業担当の親方等、相撲を支える名脇役たちのすばらしき人生。
目次
横綱土俵入 木村玉治郎(三役格行司)
土俵祭り 吾郎(幕内呼出し)
第二検査合格者の勲章 豊ノ島大樹(時津風部屋)
場所後の祝杯 深井哲也(「Barくに」マスター)
相撲教習所 関ノ戸竜太(境川部屋付き親方)
高校相撲部監督の日々 石浦外喜義(鳥取城北高校校長)
勧進元になりたい 枝川秀樹(日本相撲協会巡業部)
最初で最後の大銀杏 床中紀久雄(一等床山)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

相撲世界の奥の奥
 一度ハマると、もっとその先が知りたくなる。相撲の主役は、もちろん横綱を頂点とする力士。だが土俵上で繰り広げられる彼らの激しい闘いだけでなく、それを支えている脇役や裏方の役割を知ると、相撲の面白さがより深まってくる。
 本書は好評を博した前著『土俵の周辺』をさらに深化させ、土俵という舞台で繰り広げられるさまざまな人間模様を描く力作である。
 例えば行司。三役格行司木村玉治郎は、先代玉治郎(元式守伊之助)にあこがれ、相撲界に入った。そしてついに立行司の不在によって、2年前横綱土俵入りを司ることになった。行司にとってこの一世一代の晴れ舞台の様子を軸に、「勝ちを見ずして負けを見る」玉治郎の姿と行司の役割を浮かび上がらせる。
 また例えば床山。十両以上の関取にしか許されない大銀杏を、部屋での小さな断髪式に臨む三段目力士が、親方の特別な配慮で一日限り結ってもらえることになった。その朝の出来事を中心に、一等床山の床中が大銀杏の美しさと整髪のむずかしさを述べる。
 他にも呼出し、相撲教習所、高校相撲部監督、地方巡業など、タニマチならではの優しい視線で、相撲の魅力が語られていく。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 土俵の群像
  • 土俵の群像

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中