ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 里山のヤママユ ヤママユが紡ぐ緑の宝物

  • 里山のヤママユ ヤママユが紡ぐ緑の宝物

里山のヤママユ ヤママユが紡ぐ緑の宝物

  • 新開孝/写真・文 新開 孝
    1958年、愛媛県松山市生まれ。中学1年の国語の授業で、ヘルマン・ヘッセの短編小説『少年の日の思い出』に出会い、昆虫の世界に魅せられる。愛媛大学農学部で昆虫学を専攻。卒業後上京し、教育映画の演出助手などを経て、1990年、フリーの昆虫写真家として独立。身近な自然環境における昆虫の多様で不思議な生態や形態を独自の視点から撮影している。2007年、宮崎県三股町に移住。自宅の雑木林を中心に、主に九州のフィールドで自然観察を続け、講演、観察会の講師も務める

  • シリーズ名
    ふれあい写真えほん
  • ISBN
    978-4-7780-3529-7
  • 発売日
    2017年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • えっ?!このガの繭からきれいな絹糸がとれるの?ヤママユってどんな虫なんだろう?雑木林と生きものと人って全部つながっているの?

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
対象年齢 小学12年生 小学3
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

野生のガからとれる緑色の美しい絹! 

地球は「奇跡の星」といわれ、100万種以上の動物、30万種以上の植物が生きています。私たち人間も地球に暮らす動物の1種です。そして、地球上の生き物はすべてがつながり合って生きています。そんな生きものたちと人とのつながり、著者の愛情こもった美しい写真と平易な文章での生態や生息環境などを解説するのが「ふれあい写真えほん」です。
本書は、昆虫の多様で不思議な生態を掘り下げ独自の視点で撮影してきた新開孝氏が、里山に生息するヤママユと人とのつながりを紹介するものです。ヤママユという巨大なガは一見グロテスクですが、その繭からはカイコに劣らない絹がとれ、人は昔からそれを利用してきました。このことから、カイコを家蚕と呼ぶのに対し、ヤママユは天蚕や野蚕と呼ばれます。ヤママユの孵化から幼虫の生活、繭をつくってさなぎになり、羽化して成虫になる瞬間までを紹介するとともに、ヤママユの繭から生糸を作る工程も見てみます。また、里山にくらすそのほかの生きものも併せて紹介します。身近に生息するガから絹がとれるということは、読者にとって新鮮な驚きでしょう。生きものと人の深いつながりが実感できる1冊です。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 里山のヤママユ ヤママユが紡ぐ緑の宝物
  • 里山のヤママユ ヤママユが紡ぐ緑の宝物

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中