ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ハプスブルク・スペイン黒い伝説 帝国はなぜ憎まれるか

  • ハプスブルク・スペイン黒い伝説 帝国はなぜ憎まれるか

ハプスブルク・スペイン黒い伝説 帝国はなぜ憎まれるか

  • ジョゼフ・ペレス/著 小林一宏/訳 ペレス,ジョゼフ(Perez,Joseph)
    1931年生まれ。スペイン系フランス人。フランス・ボルドー大学名誉教授。歴史学者。スペイン史に関する著書多数。2014年、社会科学に貢献したとしてスペイン政府から表彰。レジオンドヌール受勲者

    小林 一宏
    1937年生まれ。上智大学名誉教授。1962年上智大学文学部史学科卒。スペイン政府給費留学生としてスペイン・マドリード大学へ留学。その後メキシコEl Colegio de M´exicoにてPh.D。上智大学外国語学部イスパニア語学科教授、イベロアメリカ研究所長、日本イスパニヤ学会理事長などを歴任

  • ISBN
    978-4-480-86133-7
  • 発売日
    2017年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,860

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 十六世紀、新大陸からの銀を背景に世界覇権国となったスペインを凋落させた「黒い噂」とは──歴史が歪められていく過程に迫る。
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 黒い伝説前史(アラゴン連合王国の誕生
アラゴンのイタリア進出 ほか)
第2章 スペインとハプスブルク朝(ハプスブルク朝スペインの誕生
ハプスブルク朝のねらい ほか)
第3章 黒い伝説(カルロス1世の二つの顔
フランドル戦争 ほか)
第4章 スペイン人とその歴史(コムネーロスの乱から啓蒙期まで
スペインの衰退 ほか)
第5章 結び

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:LA LEGENDE NOIRE DE L’ESPAGNE(重訳)
原タイトル:La leyenda negra 原著第3版の翻訳
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

1492年、スペイン王国はイスラム勢力からイベリア半島を奪還。同年発見された新大陸からの銀資産を背景に、16世紀スペインは一大世界帝国へのし上がった。カルロス1世とその息子フェリーペ2世によるハプスブルク家の支配で、スペインは黄金時代を迎える。だがその繁栄の裏で、大国の残虐非道ぶりを糾弾する怪文書がヨーロッパ各地を駆け巡る。新大陸での先住民虐殺、異端審問の過酷な拷問、王室内部のスキャンダル…「噂」が次第に「事実」として語られ、「黒い伝説」はスペイン帝国凋落の一因となった―。21世紀の今日にいたるまで、スペインに対する根深い偏見のもととなったプロパガンダは、一体誰が、どんな目的で流布させたのか。そこにはいかなる事実が含まれるのか。ヨーロッパ史の泰斗が緻密な検証から、歴史の「真実」が形作られる過程をあぶり出す。

ページの先頭へ

閉じる

  • ハプスブルク・スペイン黒い伝説 帝国はなぜ憎まれるか
  • ハプスブルク・スペイン黒い伝説 帝国はなぜ憎まれるか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中