ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • おいしいものは田舎にある 日本ふーど記

  • おいしいものは田舎にある 日本ふーど記

おいしいものは田舎にある 日本ふーど記

  • 玉村豊男/著 玉村 豊男
    1945年、東京生まれ。71年、東京大学仏文科を卒業。在学中にパリ大学言語学研究所留学。通訳、翻訳業を経て、文筆業へ。絵画制作のほか、西洋野菜やワイン用ブドウの栽培、ワインの醸造をする農園ヴィラデストを営む。05年にフランス農事功労章を受章。07年神奈川県箱根町に「玉村豊男ライフアートミュージアム」を開設

  • シリーズ名
    中公文庫 た33-23
  • ページ数
    245p
  • ISBN
    978-4-12-206351-8
  • 発売日
    2017年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

700 (税込:756

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 食の先覚者・薩摩鹿児島から、馬肉・昆虫食の木曽信濃、山鍋と海鍋が併存する秋田へ。風土と歴史が生み出す郷土食はどう形成され、どう変貌したのか。日本全国、見て飲んで食べ尽くして考える旅のエッセイ。『日本ふーど記』を改題し、“改版にあたって”を収録。
目次
薩摩鹿児島―幸あり南方より来たる
群馬下仁田―コンニャク・エネルギー不変の法則
瀬戸内讃岐―パスタ文化食べ歩きリサーチ
若狭近江―頽廃の美味は古きワインで
北海道―国境演歌味覚変幻
土佐高知―初鰹たたく気分は“いごっそう”
岩手三陸―日本ホヤスピタリティー考
木曽信濃―何でも食べてやろう
秋田金沢日本海―山と里なべもの裏オモテ
博多長崎―ちゃんぽんと唐様で書く三代目
松阪熊野―ふだらく赴粥飯法
エピローグ/東京―二〇〇年前のファースト・フード

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般
版数 改版
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • おいしいものは田舎にある 日本ふーど記
  • おいしいものは田舎にある 日本ふーど記

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中