ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 海外投資家に日本の不動産を売る方法

  • 海外投資家に日本の不動産を売る方法

ポイント倍率

海外投資家に日本の不動産を売る方法

  • 金子嘉徳/著 平野克典/監修 羽生明彦/監修 金子 嘉徳
    株式会社フロンティアグループ代表取締役。1974年生まれ。米国ミズーリ大学コロンビア校卒業。同大在学中に北京大学に交換留学。日系商社及び外資系企業勤務を経て、当時東証一部上場の金融グループ企業に転職し、在職中32歳の最年少で取締役に就任。また在職中、中央大学大学院国際会計研究科(MBAコース)を首席卒業。2008年株式会社フロンティアグループを設立し、代表取締役に就任

    平野 克典
    司法書士。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。米国ミズーリ大学コロンビア校留学。トヨタ自動車株式会社、埼玉県庁を経て、司法書士羽生明彦事務所に入所。日本貿易振興機構(ジェトロ)出向中は、海外企業誘致に従事。NPO法人渉外司法書士協会会員

    羽生 明彦
    司法書士。成蹊大学法学部法律学科卒業。東京都立川市で司法書士事務所開設後、20年以上にわたり、外国人及び海外在住日本人の渉外業務(不動産・商業登記)に従事。NPO法人渉外司法書士協会理事

  • ISBN
    978-4-86280-532-4
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2020年東京オリンピック、人口増、世界的に高利回り、高い都市力…ビジネスチャンスにあふれる東京の不動産!海外投資家との不動産取引のプロが教える、高値で売却するための実践ノウハウ!

    なぜ中国人は日本の不動産を“爆買い"するのか?
    日本の不動産市場に中国人を中心とする海外投資家の熱い眼差しが注がれている。
    市場に安定感があり、さらに2020年オリンピック開催などによる価値向上が見込める東京の不動産が魅力的な投資対象となっている。
    また、将来日本への移民を念頭に置いた経営管理ビザ取得が目的という背景もある。

    日本の資産家や不動産投資ブームでオーナーになった投資家にとって、購買力のある海外投資家は魅力的な売却先であるが、
    外国人との取引ということで様々な不安を抱き、躊躇している人も多い。
    本書は、海外投資家が日本の不動産に強い関心を持っている背景を説明した上で、外国人との不動産取引のプロセスや注意点を詳しく解説し、
    外国人との不動産取引のさらなる活性化を促すものである。

    なぜ中国人は日本の不動産を爆買いするのか?外国人との不動産取引の注意点を詳しく解説し、さらなる活性化を促す。
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 ますます高まる東京圏の不動産の魅力
第2章 なぜ中国人が日本の不動産に殺到するのか
第3章 これが中国人の不動産投資スタイルだ
第4章 これが海外投資家のバリューアップ方法だ
第5章 オーナーから見た中国人に売るメリット
第6章 外国人との取引手続きの概要と交渉する際の注意事項
第7章 信頼できる業者の選び方

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 海外投資家に日本の不動産を売る方法
  • 海外投資家に日本の不動産を売る方法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中