ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 車窓から日本を再発見!全国ローカル路線バス

  • 車窓から日本を再発見!全国ローカル路線バス

車窓から日本を再発見!全国ローカル路線バス

  • シリーズ名
    じっぴコンパクト新書 296
  • ページ数
    183p
  • ISBN
    978-4-408-00891-2
  • 発売日
    2016年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

850 (税込:918

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 荷物の輸送やスクールバスといった、地域の重要な足。被災地の代替輸送や離島、火山など過酷な環境を行く路線。所要6時間半の日本最長ルートや1日片道1便のみなどの、ユニークな運行形態の路線…。にわかに注目を浴びる、ローカル路線バス。田舎で便数が少なくても、地元のために様々な役割を担っている。それら「なるほど」と頷け、ちょっと楽しい全国の路線バス事情を掘り下げれば、日本の各地域の背景がまた違った角度から見えてくる。
目次
第1章 ナンバーワン&オンリーワン―全国唯一の個性派路線(運行距離日本一―全長約百六十七キロを六時間半で走る日本一の長距離路線バス
標高日本一―漂高二千七百二メートル!期間限定の登山者向けバス ほか)
第2章 車窓の向こうに見えてくる―土地柄を映し出すバス路線(鉄道の廃線により生まれた北海道の代替バス路線
旅館の主がバスを走らせた!千葉県初の乗合自動車説もあり ほか)
第3章 背景を知れば思わず納得―施設と車両の不思議(消えた私鉄の歴史を受け継ぐバスの拠点として生きる村松駅
京都市営バスの行先表示はなぜLED化されないのか? ほか)
第4章 なぜそんなことになった?全国路線バスの面白トリビア(ツーマン運行―全国でもレアなツーマンバス 杉並区の狭路にて運行中
増便対応―観光地の島を走る能古島内線 行楽シーズンはバスを船で補充? ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 車窓から日本を再発見!全国ローカル路線バス
  • 車窓から日本を再発見!全国ローカル路線バス

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中