ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高等教育の質とその評価 日本と世界

  • 高等教育の質とその評価 日本と世界

高等教育の質とその評価 日本と世界

  • 山田礼子/編著 山田 礼子
    同志社大学社会学部教授、高等教育・学生研究センター長、前学習支援・教育開発センター所長。前中央教育審議会大学分科会大学教育部会専門委員。国立大学法人評価臨時委員。日本高等教育学会事務局長、大学教育学会副会長、初年次教育学会前会長。1978年同志社大学文学部社会学科卒業。1991年カリフォルニア大学ロサンゼルス校教育学大学院博士課程修了。1993年同大学よりPh.D.取得。プール学院大学助教授、同志社大学助教授を経て、現職

  • ISBN
    978-4-7989-1383-4
  • 発売日
    2016年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 認証評価や大学ランキングなど外部質保証、標準試験や卒論など直接評価による大学の内部質保証等、これら既成の方式に加え、今注目されているのは教育質向上の基底的データとして学生による教育評価の活用だ。本書は、国際的視野の下、上記諸方式の意義と問題点はじめ大学教育の質保証につき包括的に考察するとともに、大学教育と学生の成長・成果との関係性、即ち学生調査等を通じたカレッジ・インパクト研究をこの問題の鍵として焦点化した労作である。
目次
間接評価の開発とその効果の検証
第1部 質保証 高等教育の質 国際比較(高等教育における質のアセスメント―動向と課題
高等教育と質の問題―内部質保証と外部質保証の視点
オーストラリア高等教育における基準の明示化への挑戦
大学の質保証と大学ランキング
東ヨーロッパの高等教育における国際競争
大学・政府・社会―日本における近年の大学改革の背景
質保証のための学生参画―イギリスの事例から)
第2部 学習成果、学習成果の測定方法(JJCSSに続く新たな短期大学生調査の開発―ヒアリング調査の考察を中心に
短期大学学生の進学動機と将来展望―JJCSSの結果から
JCSSに見る大学教育におけるアクティブ・ラーニングの状況
継続・複数学生調査の不変性と可変性に関する探索的研究
項目反応理論を用いた大学満足度項目の等化
学習成果志向の高等教育政策における日本人大学生の学習成果の検証)
高等教育の質評価の将来

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 高等教育の質とその評価 日本と世界
  • 高等教育の質とその評価 日本と世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中