ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大砲からみた幕末・明治 近代化と鋳造技術

  • 大砲からみた幕末・明治 近代化と鋳造技術

大砲からみた幕末・明治 近代化と鋳造技術

  • 中江秀雄/著 中江 秀雄
    1941年東京は両国に生まれる。両国小学校、両国中学校を経て、早稲田大学高等学院から早稲田大学理工学部に進学。1964年早稲田大学理工学部金属工学科を卒業し、大学院に進む。1970年工学博士、1971年1月日立製作所機械研究所入社。1983年4月早稲田大学理工学部教授、2012年早稲田大学名誉教授。長年、鋳物の研究と教育に従事し、日本鋳造工学会会長などを歴任。近年は鋳鉄製の大砲に魅せられ、趣味でその歴史を読み解いてきた

  • ページ数
    240,5p
  • ISBN
    978-4-588-31402-5
  • 発売日
    2016年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,672

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近代日本史の扉は、黒船の大砲によって開かれた。西洋列強に軍事的に対抗すべく、富国強兵を旗印に推し進められた明治の産業革命は、大砲製造を含む金属鋳造・加工技術の急速な発展の歴史でもある。幕末以降官民挙げて操業に着手し、草創期の数多くの日本企業が参与したにもかかわらず、敗戦をへてやがて忘れられた軍事技術の歴史を、鋳造工学研究の第一人者がひもとく異色の書。図版多数。
目次
1 はじめに
2 鉄砲伝来から大砲まで
3 わが国を取り巻く世界の情勢と大砲
4 溶解炉の変遷―甑から反射炉へ
5 反射炉による鋳鉄砲の製造
6 わが国の鉄―幕末の銑鉄と鋼
7 幕末から明治の製鉄所・造船所・軍工廠
8 明治の製鉄―釜石から八幡へ
9 江戸時代以前に設立された鋳鉄鋳物工場
10 明治時代に設立された鋳物工場
11 おわりに

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 大砲からみた幕末・明治 近代化と鋳造技術
  • 大砲からみた幕末・明治 近代化と鋳造技術

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中