ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ランニングと栄養の科学 自己記録の壁を打ち破る!最先端の科学に基づく新理論85

  • ランニングと栄養の科学 自己記録の壁を打ち破る!最先端の科学に基づく新理論85

ランニングと栄養の科学 自己記録の壁を打ち破る!最先端の科学に基づく新理論85

  • 齊藤太郎/著 齊藤 太郎
    1974年11月20日、東京都生まれ。NPO法人ニッポンランナーズゼネラルマネージャー兼ヘッドコーチ。国学院久我山高校から早稲田大学を経て、リクルートRCコーチ時代にシドニー五輪代表選手を育成。2002年に地域スポーツクラブ・ニッポンランナーズを設立。300名を超えるクラブ在籍ランナーを育成する。ベルマーク走り方教室、日本トップリーグ連携機構、日本ラグビーフットボール協会、日本サッカー協会やFIFA国際サッカー連盟レフェリーへのランニングインストラクターを歴任

  • ISBN
    978-4-405-09330-0
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 効率の良いフォームに改善するためのプラクティス5種、スピード+スタミナを強化するためのトレーニング6種、カーボローディングのやり方、レースでの失速を防ぐ補給のポイント、ランナーが常食すべき食事メニューなど詳しく解説!
目次
01 なぜ走り続けても記録が伸びないのかを科学する(毎日ジョギングを続けても速くはならない
市民ランナーの最速は40~50代!? ほか)
02 記録を伸ばすための正しいランニングを科学する(むやみに走行距離を伸ばすだけでは速くならない
走力を高めるLTペースとは何か? ほか)
03 ランニングと栄養を科学する(体を動かすためのエネルギー「ATP」とは?
ミトコンドリアは有酸素エネルギーの発電所 ほか)
04 速くなるための疲労と休養を科学する(トレーニング後、体に何が起こっているのか?
休み方を間違えると、トレーニング効果が消える? ほか)
05 フルマラソンの攻略法を科学する(フルマラソン完走者の約9割が後半に失速する事実
レースの設定ペースにこだわりすぎると失速する ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

大好評発売中!『筋トレと栄養の科学』のシリーズとして登場。
フルマラソン完走を目指す人、自己ベストを更新したい人向けに、最先端の科学に基づく”走り方””食べ方””休み方”の方法を初公開する。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ランニングと栄養の科学 自己記録の壁を打ち破る!最先端の科学に基づく新理論85
  • ランニングと栄養の科学 自己記録の壁を打ち破る!最先端の科学に基づく新理論85

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中