ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • クライエントと臨床心理士 こころの「病」と心理療法

  • クライエントと臨床心理士 こころの「病」と心理療法

クライエントと臨床心理士 こころの「病」と心理療法

  • ISBN
    978-4-7724-1510-1
  • 発売日
    2016年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

4,200 (税込:4,620

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 重篤なこころの「病」を抱えたクライエントと向き合う精神科臨床現場において、臨床心理士はどのようにかかわることができるのか。本書では、編者らが主宰する研究会での「事例報告・事例検討・事例研究」を通してお互いに研鑽を積んだ執筆者らによって、クライエントとの心理療法過程が描き出される。
目次
第1部 こころの「病」と臨床心理士の方法―私たちが考える心理療法(臨床心理士の仕事の方法
精神科医療と臨床心理士
こころの「病」と心理療法
クライエントと臨床心理士と心理療法)
第2部 こころの「病」と心理療法の実際―私たちが実践している心理療法(ともに生き残る―慢性統合失調症の女性との心理療法
「私は理解されたいのです」―ある統合失調症の女性との心理療法から学んだこと
“自分”を追い求め続けた女性との心理療法―弥勒(ミロク)の世界と日常とのあいだで
こころを多面的にみていくこと―主体性を見失っていた女性との心理療法を通して
生まれ出てくるものへの恐れと生み出すことへの渇望―思春期女性とのイメージを活かした心理療法
考える存在として、居つづけること―「世話役」として生きる青年期女性との心理療法をめぐって
こころをみつめることの難しさ―摂食障害の女性たちとのかかわりを通して
こころの花に水をやる仕事―生きることにかかわる二事例
自閉スペクトラム症の女性との心理療法―間主体生成論の観点から)

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • クライエントと臨床心理士 こころの「病」と心理療法
  • クライエントと臨床心理士 こころの「病」と心理療法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中