ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 発達の非定型化と心理療法

  • 発達の非定型化と心理療法

発達の非定型化と心理療法

  • 河合俊雄/編 田中康裕/編 河合 俊雄
    1957年生。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程中退。PhD.(チューリッヒ大学)。ユング派分析家。臨床心理士。現在、京都大学こころの未来研究センター教授。専攻は臨床心理学

    田中 康裕
    1963年生。上智大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(心理学)。ユング派分析家。臨床心理士。現在、京都大学大学院教育学研究科准教授。専攻は臨床心理学

  • シリーズ名
    こころの未来選書
  • ISBN
    978-4-422-11229-9
  • 発売日
    2016年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,080

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 発達障害とは見立てられないものの発達に何らかの脆弱性を抱えたクライエント。心理療法の現場で増えてきているこうした事例の数々を「発達の非定型化」という視点から細やかに検討し、時代的・社会的要因を探りながら、心理療法的アプローチの有効性を提示する。
目次
第1部 概説(発達障害の増加と発達の「非定型化」)
第2部 事例(ぶつかることによる枠組みの創造―落ち着きのなさを主訴に来談した小学生男児とのプレイセラピー
「変骨」な主体のあり方と心的基盤の構築―問題行動を契機に来所した思春期男子との心理面接
隠された主体―大人になりたくなかった20代女性の事例から
イメージにおける境界の成立―騒音被害を訴えた成人男性との面接過程から)
第3部 研究(発達障害の広がりとその心理療法―「グレイゾーン」の細やかな識別と「発達の非定型化」という視点
発達障害とは見立てられない子どもとそのプレイセラピーの特徴
非定型化する若者世代のこころ―現代の対人恐怖とアグレッションのかたち)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 22cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

ここ数年、「発達障害」の診断を受けて来談しながら、そのようには見立てられない事例が心理療法の現場で増えてきている。
これは単に過剰な診断によるものなのか、それとも問題そのものが変化しつつあるのか?
本書では、「発達の非定型化」という視点から、こうした発達障害とは見立てられないものの発達に
何らかの脆弱性を抱えた事例の数々を検討しながら時代的・社会的要因を探り、心理療法的アプローチの有効性を提唱する。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 発達の非定型化と心理療法
  • 発達の非定型化と心理療法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中