ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 北京レポート 腐食する中国経済

  • 北京レポート 腐食する中国経済

北京レポート 腐食する中国経済

  • 大越匡洋/著 大越 匡洋
    1972年生まれ。95年早稲田大学政治経済学部政治学科卒、日本経済新聞社入社。経済部、政治部で財務省、厚生労働省、経済産業省、日銀、自民党などを担当。中国の清華大学への語学留学を経て、2012年4月から中国総局(北京)に駐在。重慶支局長を兼務しつつ、中国のマクロ経済を取材した。16年4月から東京本社編集局国際アジア部次長

  • ページ数
    251p
  • ISBN
    978-4-532-35710-8
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日経記者による衝撃の現場報告!緩やかに、だが確実に体制の矛盾が国を蝕む。「鶴の一声」で急変する方針、誰も止められない過剰生産、隠蔽体質…。硬直化し、不公正と非効率が広がる中国経済の現場に日経記者が迫る。
目次
第1章 党員9000万人の岩盤(党が一切を指導する―脆さを抱える「習氏1強」
官製メディア幹部が殴られた夜―誰もが抵抗勢力に ほか)
第2章 「市場を管理せよ」の大号令(重い指導者のメンツ―勝ち組・人民銀行の苦悩
市場との対話より党内の風向き―元切り下げの二枚舌 ほか)
第3章 土地はカネなり(古びた打ち出の小槌―疲弊する地方政府の錬金術
「鬼城」の実像―人影のない街で「追突注意」 ほか)
第4章 強国への渇望「中国夢」(AIIBの挑戦―最初の失点は米国だった
きしむ米中関係―中国人学者が予言した「衝突は必然」 ほか)
第5章 中国崩壊論の虚実(ソロス氏への過剰反応―消えた統計局長が残した言葉
鉄余り、日本4つ分―五分五分の「中所得国のわな」 ほか)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 北京レポート 腐食する中国経済
  • 北京レポート 腐食する中国経済

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中