ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高齢者退職後生活の質的創造 アメリカ地域コミュニティの事例

  • 高齢者退職後生活の質的創造 アメリカ地域コミュニティの事例

高齢者退職後生活の質的創造 アメリカ地域コミュニティの事例

  • 加藤泰子/著 加藤 泰子
    1958年、静岡県浜松市生まれ。広島大学教育学部卒業後、断続的に約20年間中学・高等学校で教員を務める。2012年、同志社大学大学院アメリカ研究科博士後期課程修了。博士(アメリカ研究)。現在、同志社大学社会学部嘱託講師、龍谷大学非常勤講師、(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構研究調査本部主任研究員。研究分野は高齢者の社会参加、地域社会学、都市社会学

  • シリーズ名
    コミュニティ政策叢書 2
  • ISBN
    978-4-7989-1375-9
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,700 (税込:3,996

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人生80年を超える長寿社会となった日本とともに、高齢者の退職後生活の在り方が欧米においても大きな問題となっている。本書は、米国の4つの地域コミュニティにおける参与観察を通じて、地域との交流、サービス提供等、積極的に多世代と交わり社会的活動を行う高齢者を焦点に、施設等で介護・扶助される老後像と異なる、「活動する高齢者像」を活写した、退職前後の当事者、関連事業者をはじめ、日本にも多くの示唆をもたらす、今日必見の書である。
目次
序章 退職後高齢者の生活の質論に向けて
第1章 大都市郊外住宅地コミュニティと生活の質―メリーランド州ケントランズを事例として
第2章 大都市都心居住と生活の質―イリノイ州シカゴ市都心を事例として
第3章 スモールタウン居住と生活の質―ウィスコンシン州ウーストブルクを事例として
第4章 高齢者コミュニティと生活の質―メリーランド州「レジャー・ワールド」を事例として
終章 高齢者退職後生活の質的創造

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 高齢者退職後生活の質的創造 アメリカ地域コミュニティの事例
  • 高齢者退職後生活の質的創造 アメリカ地域コミュニティの事例

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中