ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 歴史と責任 科学者は歴史にどう責任をとるか

  • 歴史と責任 科学者は歴史にどう責任をとるか

歴史と責任 科学者は歴史にどう責任をとるか

  • テオドール・リット/著 小笠原道雄/編訳 野平慎二/編訳 リット,テオドール(Litt,Theodor)
    1880‐1962。ドイツの哲学者、教育学者。ライプチヒ大学教授、学長(1931‐32)を歴任するもナチズムに抵抗し辞職。戦後の1945年請われて復職するが占領下の旧ソヴィエト体制と軋轢を生む。1947年、旧西ドイツ・ボン大学からの招請をうけ教授に復帰。1954年、連邦政府学術功労賞叙勲、1955年、大統領星十字大功労賞授与

    小笠原 道雄
    1936‐。広島大学名誉教授、ブラウンシュバイク工科大学名誉哲学博士(Dr.Phil.h.c.)。北海道教育大学、上智大学、広島大学、ボン大学(客員)、放送大学を経て現広島文化学園大学大学院教授

    野平 慎二
    1964‐。愛知教育大学教育学部教授。広島大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。この間、DAAD奨学生としてリューネブルク大学留学

  • ISBN
    978-4-7989-1376-6
  • 発売日
    2016年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 我々現代人が社会の繁栄とともに「核なき」平和な世界をめざすとき、ナチズムを一貫して批判し、民主的刷新を訴えたドイツ人科学者リットのその社会に対する意識は、被爆71年後の広島を訪問した現職大統領オバマ氏の「所感」と共通するものがある。両者は、その社会に対する責任をめざめさせ、世界の非核化と平和を牽引・実現する勇気を我々日本人に改めて喚起するものだ。ナチズムと戦ったリットの講演第3弾!
目次
1 現代を歴史的に理解する(歴史の像の形成
偽りの歴史の像
歴史的理解を目指した教育
歴史的な自己批判への教育)
2 歴史と責任―「ドイツを民主的に刷新するための文化連盟」ライプチヒ支部の設立にあたって行われた講演
3 歴史の意味と特殊な者としての自己

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:Das historische Verstehen der Gegenwart
原タイトル:Geschichte und Verantwortungほか
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 歴史と責任 科学者は歴史にどう責任をとるか
  • 歴史と責任 科学者は歴史にどう責任をとるか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中