ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 奇跡の書の守り人

  • 奇跡の書の守り人

ポイント倍率

奇跡の書の守り人

  • シリーズ名
    マグノリアブックス MB-21
  • ISBN
    978-4-7755-2591-3
  • 発売日
    2016年09月

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

943 (税込:1,037.30

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 連続殺人事件を追うFBIのプロファイラーであるウィル。一見なんの関連もなさそうな一連の事件が持つ陰謀へと巻き込まれていき─。
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:LIBRARY OF THE DEAD
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

棺桶の絵とともに日付が書かれた葉書を受け取った者たちが、その日付に謎の死を遂げた。しかし、犠牲者のあいだにはなんのつながりもなく死因もまちまちで、関連性はまったく見当たらない。“最後の審判の日事件”として注目されるようになったこの事件を、FBIの連続殺人犯プロファイラーであるウィルが任されることになった。かつては優秀な捜査官だったウィルだが、今は勤務時間の終わりばかりを気にして時計を見ている無気力な鼻つまみ者だ。なかなか解決の糸口が見えない事件の発端は、七七七年の七月七日にまでさかのぼり―?

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 奇跡の書の守り人
  • 奇跡の書の守り人

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中